FC2ブログ

「死ぬ日」



『「死ぬ日」が幸せだったら、まぁ、けっこう「イイ」んじゃないかなぁ』と思ってしまうわけです。

少なくとも、そこまでの人生がそれなりに幸福でも、「死ぬ日」が不幸だったら、だいぶ「イヤ」なんじゃないかと思ってしまうんですよね。


それは、必ずしも最後にいいことがあるとか、すごく満たされて充実した気持ちで「死を迎える」といったことではなくて、どちらかと言うと、「スンナリト死んで行ける」と言う感じですか?


まぁ、そんな風に言うと「厭世的」に聞こえてしまうかもしれませんけど、そういうことではなくて、「心残り」みたいなものは、出来るだけ少なくしたいということだと思います。


ところが、なかなか「スンナリト死んで行く」のって出来ないんじゃないかと考えてしまいますね。


そして、この「死ぬ日」を意識して生きていると、わりと簡単に出来ることなのに、やっていないことが、実に多いことに気が付いてくるんですねぇ。

「大したことじゃない些細なこと」の場合もありますし、「人生の中で、ずっと気にかかっていたこと」なんて言う場合もあります。

どっちにしても、やる気さえあれば出来るようなことが多いですね。
と言うか、『できないことは、どっちみち出来ない』って言うことかもしれませんけどね。


要するに、「生きる日々」を中心に考える時と、「死ぬ日」を中心に考える時で、「やること」の「優先順位」が変わって来るって言うことなんでしょうね。

だから、「簡単に出来ること」が、後回しにされて、そのままホッタラカシになってしまっていたんでしょうね。


「生きる日々」から考えた場合、実際に「トクかどうか」が大事になりますけど、「死ぬ日」に至っては、今さら「トク」しても、あんまり意味ないんで、そういうことはどうでもよくなってきて、『スンナリト死んで行けるか?』ということが大事になってくるわけです。

つまり、「チョットした気がかり」なんかが、急にクローズアップされてくるわけですね。


それから、「生きる日々」から見ると、「できないこと」が「できたらいいのに」ということに成りますけど、「死ぬ日」から見ると、「できないことは今さら無理してもできない」ということで、出来なくても、あんまり「悔い」を残さないような気がするので、「出来るかどうか」は、ほとんどどうでもよく成ってくるということなんでしょうね。

諦めやすいって言うことでしょうね。


反面、出来るのにやらなかったことや、やろうともしなかったことがあると、とても気に成るんですねぇ。
むしろ、簡単にできることほど気に成るのかも知れません。


それから、とても多いのが、『本当はこっちの方が正しいことなんだけど、なんとなく周りの状況からして、こっちにしといた方が無難かな?』っていう、有りがちなパターンです。
これが、すごく気に成って来るんですね。


「死ぬ日」を中心に、物事を見るようにすると、『そんなことに何の意味があるのか?』と思えてくるわけですね。


なんで、そういう考え方に成ったかと言えば、「生きる日々」の中の「幸せ」って、チョット興味が薄く成って来ちゃったんですよね。


これもまた、「厭世的」に聞こえてしまうかもしれませんが、けっして『「幸せ」なんてもういらない』と言う話じゃなくて、「幸せ」は、相変わらず大好きなんですけど、「生きる日々」の中の「幸せ」は、意外と小さいような気がしてきたということかもしれないですね。


「幸せ」って、カゲロウみたいに「追うと逃げていくモノ」だと思うので、達成するって言うことは無いんだと思うわけですね。
でも、「死ぬ日」だけ「幸せ」ならイイっていう考え方だと、少し「達成」が見えて来るんじゃないかなと思えるわけですね。

しかも、それが、割と簡単にできることをするだけでいいとなれば、もう、これは、やらない手はないということに成るわけです。

しかも、そういう感じでやっていると、「生きる日々」の中でも、意外な満足感を得られたりするっていうのは不思議なことですね。


なんだか、これって、かなり「おトク」なんじゃないのかなと。

『おススメ・・・かな?』

『んっ?・・・そうでもないか?』

そんな感じ。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR