FC2ブログ

「抽象」と言う言葉はもう古い?



いま、言われているような意味での「抽象」と言う概念が現れてきてからでも、もう、100年ほどはたっているんだと思うわけですけど、その間、この「抽象」と言う言葉は、なんとなく、その場その場で解釈されて、”ボーッとした状態”のまま維持されてきたという感じがしているわけです。

しかも、そんな状態のまま、「抽象」と言う言葉が、「芸術」の中で、やや「古クサイ感じ」にすらなって来ているんじゃないかと思うのです。


ちょっと前までなら、「抽象芸術」と言えば、どことなく「先端芸術」な感じがあったし、印象として、「現代美術」に、一生懸命に取り組んでいるという雰囲気があったように思うのです。


でも、今はと言うと、そういった、「一生懸命さ」には、ややドンクサイようなイメージがあって、「もっと、スマートに行こうよ」っていう感じがあるわけですね。


これは、「乗り越えられないこと」に対するゴマカシに過ぎないと思いますし、そういうゴマカシを「センス」と言っていることには何の意味も感じませんが、そもそも、「抽象」と言う言葉に、どれほどの意味があったのかということについては、考え直してみる時期なんじゃないかなとも思うわけです。


もともと、「抽象」と言う概念は、「具象表現の行き詰まり」から抜け出すための「アイテム」、つまり、「非具象」として、考え出されたものなんじゃないかと思うわけです。
(「抽象的な美術」自体は、かなり昔からあったんでしょうが、現在考えられているような概念としての「抽象」ということです)


それで、「具象ではないこと」と言う漠然とした規定で、概念が形成されたために、「具象ではない」ということだけがハッキリしていて、『じゃあ、どういうのが抽象なんだ?』って言うことが、ややおろそかにされてきた感があると思うのです。


実際は、おろそかにされたわけでもなくて、いくら考えても結論が出なかったから放置されてしまったと言うことだと思います。

 ※これは、「芸術の20世紀」の落とし穴の一つだと思います。
  「芸術の20世紀」に置いて、「抽象」と言う概念が、根本的に追及された
  り研究されたりする前に、「芸術の競争」が起きてしまったために、みんな
  が人より先んじようとして、付け焼刃の状態で 「先へ先へ」と急き立てら
  れて、「抽象の理解」がホッタラカシにされてしまったような気がします。
      
  本来、学ばれるべきは「抽象は達成できないことにこそ意義がある」
  ということだったんじゃないでしょうか?
     
現在、「抽象」と言う概念は、個々の作家が、作風に独自性を出すための「アイテム」のように成っているような気がします。


これは、「抽象」の始まりの時点で、「具象の行き詰まり」から脱出するための「アイテム」としてスタートしたことと、基本的には、ほとんど変わっていなくて、違いと言えば、始まりの時点では、「非具象」や「具象の破壊」が目標とされていたのに対して、現在では、「具象性やデザイン性との折り合いのつけ方」に「オリジナリティ」を見出そうとしているというところでしょうか?


でも、「具象」と「抽象」の折り合いをつけること自体は、ちっとも悪いことだと思わないのですけど、それを、「アイテム」として使うというのがどうもシックリこないわけです。


「具象」とか「抽象」とか、また、それらに「どこで折り合いをつけるか」と言ったことは、単なる「アイテム」などではなく、もっと根本的なところで、その人が「芸術」や「表現」と言うものを、どうとらえているか?と言うような、「核」に当たる部分なんじゃないかと思うわけです。


だから、本来は、「オリジナリティ」を出すための「アイテム」ではなくて、その「核」に当たる部分がどこに位置づけられるかで、自ずから、その人の「オリジナリティ」が決定されてくるということなんだと思うのです。

「順番が逆」って言う感じがするんですね。


自分のことで言えば、「抽象」と言う言葉を使う必要性は、徐々に感じなくなってきていますし、また、それに替わる言葉が必要な気も、あんまりしませんけど、『じゃあ、今まで「抽象」ということばで言ってきたことをどう言えばいいんだ?』となると、やや困ってしまうのも事実なわけで、そんな感じで、「抽象」と言う言葉はもう古いのか?

と言う自問については、「保留」ですね。


でも、取り敢えず、「抽象」と言う言葉の意味がどんどん希薄になって来ているということはあるんじゃないかと思っています。


そんな中で、「抽象」と言う言葉を使い続けるのか?と言われれば、

『もう、やめようかなぁ』と言う気もするわけです。


それで、今の時点では、

『「抽象」って、言葉はもう古いのかもね』

と言う風に感じています。


 ※その後、私自身は、「抽象表現」に代わる言葉として「異・現実のリアリズム」と
  いう言葉を使うようになりました。
  その辺は、「異・現実の世界」=「異リアリズム」というカテゴリに書いてあります。

  とはいえ、それは、個人的な言葉として使っているものですから、「抽象表現」
  =「異リアリズム」ということではありません。
  だから、まだ「抽象」という言葉を完全に捨ててしまったわけではなく、並行して
  使い続けております。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR