FC2ブログ

「セルフ・ターミナルケア」



「死」を目前にして、医師から「余命」(三ヶ月くらい?)を宣告されたような人に対して、「残された日々」を、より良い形で過ごせるように施される医療や介護を「ターミナルケア」と呼んでいるそうです。


これを、非常に悲壮なものとして考えてしまうということもあるんですが、実は、そう悲惨なことではないような気もするわけです。


どっちにしろ、人間いつかは死ぬわけですし、言ってしまえば、生まれた瞬間から死ぬことが宣告された身の上なわけで、それを「あと〇ヶ月」と言われたことなんてのは、どうってことでもないんじゃないかなと、不謹慎にも思うわけですね。
(あくまで、不謹慎にもですけどね)


そう考えると、「ターミナルケア」を受けている時間と言うのは、その人にとって、とても有意義な時間なんじゃないのかなとも思えてくるわけです。


もちろん、病気や衰弱による痛みや苦痛と言うのはあるでしょうが、そのこととはまた別に、この「死を前にした時間」と言うのは、正に、人間が生まれた瞬間から、突き付けられている「生と死」という命題と、直に接する時でもあるように思えて来るんですね。


本来は、生まれたときに既に与えられている「問い」を、普段は、いつも見ないようにして、先送りにしているわけですが、それが、すぐ近くにあることで、「考えざるを得なくなる」ということですね。

それは、考えようによっては「自分自身によるターミナルケア」とも言えるんじゃないかと思うわけです。


そのことが、決して悲壮なこととは思えないんですよね。
まぁ、その立場に居ないから言えるのかも知れませんけどね。


これも、不謹慎ではありますけど、どちらかと言うと、楽しいことのような気がしてしまうわけなんですよね。


これは、死んだら楽になるんじゃないか?(たとえば天国に行って)と言うのとは違って、楽しいような気がするのは、どちらかと言うと「死ぬ前の時」であって、「死んだ後」ではないんですね。


そういう「自分が死ぬ時がだいたいわかっている期間」がいいんじゃないかと思うんですね。

なんと言うか、とても密度が濃い時間に成るんじゃないかと言う感じがするんですよね。
そういう濃密な時間と言うのは、人生の中で限られているように思うわけですね。


だからと言って、早くそういう状態に成りたいとは思わないですけどね。
と言うよりは、どちらかと言うと、遅い方がよくて、普段の時間を、「ターミナル期」の延長上と捉えていけば(余命何十年とか)、今からでも、「時間の密度」は濃く成るんじゃないかとも思ったりするんですよね。

つまり、長い方が”一層イイ”ということに成るわけですね。


そして、そう考えると、今日の自分の一日が、『実にウスい!」という感じがしてきて、やや、物足りない感もなくはないないですが、その「薄さ」に気づくというのもイイことなんじゃないのかなと。


そういう風に思っていたりもするわけです。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR