FC2ブログ

「最大の罪」と「最多の罪」



「罪」っていうのは、「悪いことをすること」ではなく、「悪いと思っていることをすること」なんだと思うわけですが、その「罪」の中に、「最大の罪」と「最多の罪」があると思っているわけです。

 ※本当の意味で「善悪」を追求していけば、そう簡単に答えが出せなくなりますが、
  「自分が悪いと思っていること」を、その人自身がやってし待った場合は、それを
  「悪くない」という理由がないように思いますので、それを「罪」と言ってもいいんじ
  ゃないかと思います。

そう考えた場合、「最も悪いと思っていること」をしてしまうのが「最大の罪」ですね。
それから、「悪いと思っていることを限りなく繰り返して」しまうのが「最多の罪」と言うわけです。


一般的にも、法律的にも「最大の罪」の方が重いということに成っているような気がするんですけど、私といたしましては、「最多の罪」の方がよほど重いように感じるわけですね。
(それ以前に、一般的にも法律的にも「自分が悪いと思っていること」が悪いということになってませんけどね)


法律的にも、重犯や常習犯は罪が重くなるということはあるんでしょうが、やはり、元になっている罪が重い方が、厳しく罰せられたりすることが多いんでしょうね。

たとえば、軽犯罪のようなものだと、繰り返してもさほどの罰則は下されないのだと思います。


でも、私は、たとえ軽い罪だったとしても、「罪を繰り返すこと」こそ、「とっても悪いこと」なんじゃないかと思うわけです。
要するに、「自らの行為を顧みない」ということですね。


人間なんて、所詮「その程度の人間」なわけだし、まだ「人間」にすら届いていないような気もするので、当然、「過ち」は犯すわけですが、そこで「その過ちを顧みること」だけは、「現状の人間」にもできることなんじゃないかと思うわけです。

その「唯一の出来ること」をしないということは、『どうしようもない!』ということですから、『やっぱり、かなり「罪」が重いんじゃないの?』と思うわけですね。


そういうわけで、出来るだけ、『自分の「罪の繰り返し」に気づいたら止める』ということをやっていこうと思っているんですけど、それが、なかなか出来ないわけですね。


自分の性質上ハマリやすい「罪」っていうのがあるみたいですね。
『ワカッチャいるけどヤメラレナイ』ってやつですね。

まぁ、「罪」って言っても大したことするわけでもないんで、気にしなきゃいいんでしょうけどね。
それこそが、「最多の罪」のような気もするわけですね。


毎回、顧みてはいるんですけどね。
そういう場合はどうすればいいんでしょうか?


いまの私の場合、そんな状態ですね。



関連記事

Comment 0

There are no comments yet.