FC2ブログ

「最大の罪」と「最多の罪」



「罪」っていうのは、「悪いことをすること」ではなく、「悪いと思っていることをすること」なんだと思うわけですが、その「罪」の中に、「最大の罪」と「最多の罪」があると思っているわけです。

 ※本当の意味で「善悪」を追求していけば、そう簡単に答えが出せなくなりますが、
  「自分が悪いと思っていること」を、その人自身がやってし待った場合は、それを
  「悪くない」という理由がないように思いますので、それを「罪」と言ってもいいんじ
  ゃないかと思います。

そう考えた場合、「最も悪いと思っていること」をしてしまうのが「最大の罪」ですね。
それから、「悪いと思っていることを限りなく繰り返して」しまうのが「最多の罪」と言うわけです。


一般的にも、法律的にも「最大の罪」の方が重いということに成っているような気がするんですけど、私といたしましては、「最多の罪」の方がよほど重いように感じるわけですね。
(それ以前に、一般的にも法律的にも「自分が悪いと思っていること」が悪いということになってませんけどね)


法律的にも、重犯や常習犯は罪が重くなるということはあるんでしょうが、やはり、元になっている罪が重い方が、厳しく罰せられたりすることが多いんでしょうね。

たとえば、軽犯罪のようなものだと、繰り返してもさほどの罰則は下されないのだと思います。


でも、私は、たとえ軽い罪だったとしても、「罪を繰り返すこと」こそ、「とっても悪いこと」なんじゃないかと思うわけです。
要するに、「自らの行為を顧みない」ということですね。


人間なんて、所詮「その程度の人間」なわけだし、まだ「人間」にすら届いていないような気もするので、当然、「過ち」は犯すわけですが、そこで「その過ちを顧みること」だけは、「現状の人間」にもできることなんじゃないかと思うわけです。

その「唯一の出来ること」をしないということは、『どうしようもない!』ということですから、『やっぱり、かなり「罪」が重いんじゃないの?』と思うわけですね。


そういうわけで、出来るだけ、『自分の「罪の繰り返し」に気づいたら止める』ということをやっていこうと思っているんですけど、それが、なかなか出来ないわけですね。


自分の性質上ハマリやすい「罪」っていうのがあるみたいですね。
『ワカッチャいるけどヤメラレナイ』ってやつですね。

まぁ、「罪」って言っても大したことするわけでもないんで、気にしなきゃいいんでしょうけどね。
それこそが、「最多の罪」のような気もするわけですね。


毎回、顧みてはいるんですけどね。
そういう場合はどうすればいいんでしょうか?


いまの私の場合、そんな状態ですね。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR