FC2ブログ

「思い出」



ときどき、「思い出」って不思議なものだなぁ、と思うことがあるわけです。


昔のことでも、本当に昨日のことのように覚えていることもあれば、完全に記憶が抜け落ちてしまうようなこともあるし、どうでもいいようなことで、すごくリアルに覚えていることもあれば、大事なことや、いつもやっていたことなんかでも「コロッ」と忘れてしまうこともありますよね。


そういう「記憶の不思議」の中でも、一番不思議に思うのは、「イイ出来事」と「ワルイ出来事」が、ほとんど、どれも同じように「イイ思い出」に成ってしまうことですね。


たぶん、そこに「コンプレックス」や「トラウマ」みたいなものが関わっていると、それが、「イヤな思い出」になってしまうんだと思いますけど、そういう特別な「強い負の感情」がない場合は、「イイ出来事」でも「ワルイ出来事」でも、だいたい「イイ思い出」になってしまうような気がします。


『なんで、ワルイことなのにイイ思い出になってしまうのか?』
これは不思議ですねぇ。


本当は、人生で「ワルイ出来事」なんて何も起きていないって言うことなんですかねぇ。

でも、それで、同じ間違いを何度も繰り返したりすることが多いわけですけど、その時には、また、それを「ワルイ出来事」だと思うわけですよね。

だったら、はじめから、「ワルイ思い出」にしておけば、同じ間違いをしなくなるような気もするんですが、どんなもんなんでしょうね。


人間って、本当に懲りない生き物ですよね。


人間は、懲りた方がイイんでしょうか?
それとも、懲りない方がイイんでしょうか?

どっちなんでしょうね。


ナントナク、「懲りた」方が、無駄に疲れるような気がするし、「懲りない」には、「先がある」ような気もするわけですね。
いや、まったく逆なのかも知れませんけどね。


取り敢えず、いまのところ「懲りない人」で行こうかなと思うわけですが、出来れば、反省したり、顧みたりはするけど「でも、懲りない人」っていうのが理想かなと。

そんな風に思っています。

『無理か?』




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.