FC2ブログ

「感情」は一つのモノ



「感情」と言うと、「喜怒哀楽」の四つと言われることが多いわけですが、実は、これは四つのモノではなくて、あくまで一つのモノなんじゃないかと思うわけです。

もちろん、一人の人間の「感情」なわけですから、一つのモノということもありますが、それだけではなくて、「喜び」と「悲しみ」や「怒り」と「楽しさ」などは、どれも、一つでは成り立たなくて、それらが一体化した「感情」としてこそ、成り立つものなんだろうと思うわけですね。


たとえば、「紙」のような、薄っぺらなものですら、「表と裏」があって、はじめて成り立っているわけですから、どのようなものでも「表側」や「裏側」が単独で成り立つということは無いわけです。
まぁ、例えば、文字は「表面」にしか書いていなくても、何も書いていない「裏面」があることで、その「紙」が存在できて、はじめて「表面」の文字を読むことができるというようなことでしょうか?

それと同じように、「感情」のような「非物質的」なモノでも、「喜怒哀楽」の中のどれか一つでは、「感情」として成り立たなくて、それらが一体となったモノだけが「感情」として、成り立つんだと思うわけですね。


どんなに温厚な人の中にも必ず「怒り」はあって、それによって「喜び」や「楽しさ」が輪郭をもって浮き出しているというような感じですね。

もしも、全てが「喜び」で満たされた「感情」を持った「心」があったら、それは、恐らく限りなく「無感情」な「心」に近いもので、ほとんど、何の「感情」もない状態ということになってしまうような気がします。

そうなれば、もう、それを「喜び」と呼ぶことすらできなくなってしまうのではないでしょうか?


つまり、真っ赤な壁面に打たれた「赤い点」は輪郭と言うものを持たないわけですから、存在していると言うことすらできないということですね。


とは言っても、誰でも「怒り」や「悲しみ」よりは、「喜び」や「楽しさ」の方がイイに決まっているわけで、どうしたって、「怒り」や「悲しみ」は無く成ればいいと思うでしょうし、「喜び」や「楽しさ」の方は、出来るだけたくさんあればいいなと思うのが人情と言うものでしょうね。


でも、やっぱり、「喜び」や「楽しさ」を追えば追うほど、「怒り」や「悲しみ」がクッツイテくるという仕組みになっているわけで、そういうのを、「ヒトゴト」として見ていると、『とっても「人間的」だよなぁ。』と思ったりもするわけです『。

でも、ひとたび「自分のこと」となれば、『この「怒り」はどうにかならないのか?』
『この「悲しみ」から、解放してくれ!』と思ってしまうわけなのです。


出来ることなら、そういう「自分」を見た誰かが、『あぁ、あの人、とっても「人間的」だよねぇ』と思ってくれれば、私としては、嬉しいですねと。

そういう風に思います。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR