FC2ブログ

「収入ゼロの仕事」



前に、このブログの中で【「職業」じゃない「シゴト」】と言う記事を書いたことがあるんですけど、要するに、「収入」がなくても「仕事」と言う概念は成り立つんじゃないかと思っているわけですね。

     ※2015年5月3日の記事で書いています。


たとえば、「主婦業」が「仕事」として社会的に認められるように成って久しいわけですが、「収入」と「仕事」は必ずしも関係がないモノなんじゃないかと思うのです。

それどころか、「仕事」は「利益」とも関係なく、成立する概念なんじゃないかとすら思うわけです。

じゃあ、何と関係があるのかと言えば、「価値」だと思うんですね。
「価値」と「利益」は一致しないと思うわけです。
まぁ、「価値」や「利益」の解釈にもよりますけどね。


たとえば、両親にとって「子供の存在」には「価値」があると言えるでしょうが、それは「利益」とは必ずしも関係がないわけです。

「利益」を当て込んだ上で、「子供の存在」に「価値」を感じている、ということではないんじゃないかと思うわけですね。
(そういう親もいるでしょうが、そういう人は何かを見失っているんでしょうね)


つまり、「利益」がない所にも「価値」は発生する可能性があるということでしょう。


もちろん、「価値を得る」ということ自体が「利益」であるということはあるでしょうが、「利益」と言う言葉には、もう少し「直接的なトク」と言う意味があると思うわけです。

やはり、「両親」が「子供の存在」に感じている「価値」は、「ソン・トク抜き」と言うのが、言葉の上でピッタリくるような気がします。


そういった意味で、「仕事」に関しては、「利益」に当たるものの代表が「収入」に成るわけですよね。


当然、「収入」にも「価値」はありますが、「利益」を伴わない「価値」もあるハズだなと。
そういう、「ソン・トク抜きの価値」に当たるものは何なんだろうか?と考えるわけですね。


「収入」や「社会的地位」と言った「直接的な利益」を除いた場合の、「仕事」における「価値」とは、おそらく、「ナニカをやりきること」なんじゃないかと思うわけです。


「人生の中で何かをやりきること」を、「収入」とは無関係に「仕事」と言っても、なんらサシツカエないんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか?


別に、大事業を成し遂げるということではなくて、なにか、たった一つのことでもいいから「やりきって」から死にたいモンだと思うわけなんですけど、これって、「思い上がり」なんでしょうか?


その為に、自分にも周りの人間にも、少なからず負担がかかってしまうこともあるでしょうが、それって、「自分勝手なこと」なんでしょうか?

もちろん、「収入」を得ることで、家計を支えて、その結果「ナニカを成し遂げる」ということだってあるでしょう。


でも、それと同じように、「収入」を切り捨てることで、「ナニカをやりきる」ということもあっていいんじゃないかと思っているわけです。


「収入」から得られるものでは、「自分にとっての”ナニカ”」を「やりきること」ができない場合は、「収入」をあきらめてでも、それを「やりきること」には、十分に「価値」があると思うのです。


その「価値」を共有してくれる人が居れば、幸運なことだと思いますが、それは、そんなに「自分勝手なこと」ではないんじゃないかと思うわけです。


もしも、そうだとすれば、それを「仕事」と呼んでもいいんじゃないのかなと。

そんな風に思っているわけです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR