FC2ブログ

「イイ偶然」を固める



私は、絵を描くうえで、いつも『偶然をあてにしよう!』と思っているわけです。


それは、必ずしも、「テキトーにやって成るように成った状態」と言うのではなく、作品を、「自分の作為」から外れたところに持っていく、という作業なんだと思っています。


そして、いつも次から次へと現れては消えていく「偶然」のなかで、「イイ偶然」を見つけ出して、それを固定していこうという気持ちでやっています。


これは、20世紀の中ごろに行われていた「その手の手法」とは、少し違います。
まぁ、同じようなところもありますけどね。
少し違うというところです。

そちらは、「偶然」と言うよりは「技巧」の一種だったように思いますね。

要するに、絵具をにじませたり、流したりするのと同じように、「偶然性」を利用してはいますが、あくまで「技法」としての「偶然の利用」であって、「技術」のバリエーションであったように思いますね。


私の場合は、むしろ、「手法上の問題」ではなく、、制作の過程に「”意図せずに””現れてきた偶然」を、見つけ出して生かしていこうというものです。
(「意図的な偶然」は「技術」だと思いますが、「単なる偶然」は「非技術」だと思います)

その中でも、とくに「イイ偶然」を固定していこうということですね。


「偶然」と言うと”ユルイ印象”がありますけど、この「イイ偶然」を見つけ出すという作業は、意外と集中力を必要とするんじゃないかと思っています。


なんたって「偶然」ですから、いつ、どんな風に現れるかわかりませんし、ちょっと油断して見逃してしまうと「スッ」ッと消えていってしまうわけで、それを常に、集中して見つけ出さないとならないということですから、意外なほど緊張するわけですね。


「偶然」は、人間が意図的に作り出すものと違って、非常に壊れやすいですが、そこには「作為」が入らない、もっとも純粋な「自分」が現れているような気がしているわけです。


『でも、偶然なんだから、自分が創り出したモノじゃないんじゃないの?』という部分もあるんですが、そこで、「イイ偶然」を見つけ出すという作業が重要になってくるということです。

つまり、現れて来る「偶然」は「自分の創り出したもの」ではないのでしょうが(実は、そこにも「自分のクセ」は、意外なほどよく現れてくるものだと思いますけど)、それをよく見極めて、「イイ偶然」を見つけだして、それを固定していくという作業を繰り返していくことによって、「偶然」であって「偶然」でないモノが生み出されてくると思っています。


そこで、初めて、「作為」を排除した「最も自分らしいモノ」が現れて来るんじゃないかなと。

そういう風に思っているわけです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR