FC2ブログ

「迷わずに迷う」ということ



このブログでも何度か書いていることなんですけど、「迷うこと」は、「芸術」と根本的に関わりがあることなんじゃないかと思っているわけです。


そういう「迷い」ですから、そこに「躊躇」があってはいけないと思うわけですけど、「迷い」なのに、「迷ってはいけない」ということに成ると、どうすればいいんだ?と言うことに成るわけです。

でも、これは、そんなに複雑なことでもなくて、もともと「迷い」は、自然に発生するものですから、とくに「迷おうとする」必要もないし、「迷い」自体を追究する必要も全く無いわけです。

追究することは、ほかにあって、それを追究していると、どこかで必ず「迷い」が発生してくるということでしょう。

それを、敢えて排除しなくてもいいんじゃないか?というだけのことですね。
その『あえて、排除しない』という部分を『迷わずに』と言っているわけです。


そういう意味で「迷わずに迷う」ということを考えているわけですが、これは、『「迷うこと」が、「芸術」に置いて唯一の「迷わずにできること」である』と言い換えることもできるわけです。


「芸術」に置いては、「ナニカを追究すること」が求められると思っていますから、何を追究するかは、人それぞれなんでしょうが、必ず、ナニカは追究しなければならないんだと思っています。

そして、人間がナニカを追究すれば、必ず「迷い」が発生するんだと思うわけです。


そんな中で、「迷いがあってはならない」などと言うように、「迷い」を「マイナス方向の要素」として考えてしまうと、「迷わずにできること」が無く成ってしまうわけです。


「芸術」→「追究」→「迷い」と言う、必須の方程式の中で創作することから逃れられないのだとすれば、「迷い」は「脱出するべきもの」ではなく、「そこに留まり続けるべきもの」なんだと思うのです。

たとえ、一時的に「迷い」を「脱出」したとしても、必ず、また「迷い」は発生してきますから、「脱出すること」に力を使い果たしてしまうよりも、「追究」と「迷い」の繰り返しこそが「芸術」の本質であるということを認めて、そこに留まるという決断もあっていいんじゃないかと思うわけですね。


それ以前に、「迷い」無くして創作されたモノよりも、「迷い」の中から生み出されたモノの方が、必ずや、深い位置に行き着けるということもあるんだと思っております。


さらに言えば、「迷い」が現れているモノは、必ずや「美しいモノ」であると、「迷い」無く”描き割り”された「スバラシイ絵」などに何の「芸術的な意味」があるのかと。

そんな風に言いたいわけなのです。


「イイ・ワルイ」ということではなく、『それが、芸術の中心に近い所にあると言えるのか?』ということですね。


まぁ、あくまで、自分に対して言っているわけですけどね。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR