FC2ブログ

「抽象の幅」



「抽象表現」について、ナントナクその「抽象度」で種類を分けているような気がするんですがどうなんでしょう?


要するに、「すごくワケノワカラナイヤツ」と「すこしワケノワカラナイヤツ」みたいな感じで、あまり意味のない分け方をされていることが多いような気がするわけですね。


でも、実際には、「芸術表現」は、本来すべて「抽象と具象の間」にあるわけで、全てが、どこかしら「ワケノワカラナイヤツ」なわけですから、それを言ってもあまり意味がないんじゃないかと思ってしまうわけなのです。

むしろ、大事なのは、『その人がどのような「抽象性」を求めているのか?』とか、『”ナゼ”そこに「抽象表現」を使うのか?』と言うような方向性なんじゃないかと思うわけです。


過去において、そうした方向性を含めた「抽象表現の種類」について、あまりにも理論だけが先行して、実際の作品の方向性とは無関係に独り歩きしてしまったこともあり、現在においては、そういったことを論じるための「源」となるようなエネルギーが無く成ってしまったんだと思います。

しかし、だからこそ、そこのところを乗り越えていかないと、前に進めなくなっていることも事実なわけで、そこは、やっぱり真面目にやっていかないとダメなんじゃないの?と思うわけですね。


まず、すべての「表現」が「具象」と「抽象」の間にあるとすれば、「抽象表現」の幅は、かなり広いということに成りますね。
つまり、全ての「表現」には、多少の「抽象性」が含まれているということに成るわけです。

もちろん「具象性」も必ず含まれているということに成りますね。


その「抽象性」をほとんど意識せずに見ることが出来るようなものを、「具象」と呼んでいると言ってもいいんじゃないでしょうか?
その逆に、「抽象性」を意識せずには見られないようなものを「抽象」と呼んでいるわけですね。

そして、「具象性」をほとんど感じることが出来ないようなものを「抽象」の中でも、とくに「完全抽象」と言ったりしていて、「具象性」も感じることが出来て、尚且つ、「抽象性」も感じるようなものを、、「半抽象」と言ったりしているという感じでしょうか?


「半抽象」と言われるものについては、「抽象寄りな人たち」に言わせると、「そういうのは、抽象ではなくて、抽象的な具象でしょ」と言われる傾向があり、逆に、「具象寄りな人たち」に言わせれば、「それだって、やっぱり抽象の一種なんじゃないの?だって、具象としてはリアリティに欠けるでしょ」ということに成ってしまうわけなのです。

でも、実際は、それを言っている人たちのやっていることも、「抽象」と「具象」の間と言う意味では、「半抽象」と言えなくもないんじゃないかと思うわけです。


もちろん、こういう段階的な分け方もあっていいと思いますし、場合によっては、必要な分類なんだと思いますけど、この段階的な分け方のほかに、もう少し違った分け方もあっていいんじゃないかと思うわけです。

つまり、「現実に存在するナニカ」を”写し取ること”の「度合い」で区分するのではなく、、「そのナニカ」を”写し取らないこと”の「目的」で区別するということですね。


本来ならば、”写し取ること”の「目的」についても論じられるべきなんでしょうが、現実に存在しているモノには、議論を差し挟む余地がないほどの「必然性」があるので、あえて、それを論じるほどのこともないということなんでしょう。

逆に言えば、”写し取らないこと”の方は、敢えて、その「必然性」を無視するわけですから、より一層ハッキリした「目的意識」がないと、単なる「奇をてらったモノ」になってしまうということです。


要するに、その「抽象表現」が、”何のために”使われているのか?と言う分類が、もう少し明示されてもいいんじゃないのか?ということですね。


たとえば、「具象」と言う限られた枠組みから解放されたかったとか、現実にはないもので、どうしても描きたいものがあったとか、ほとんど「具象」でいいんだけど、もう少しナニカを加えたかったとか、その「目的」=「何のために」は、人それぞれなんでしょうが、そういう「何のために」で、分類するということは、もう少し行われていいんじゃないかと思いますね。


その辺ところが、一人一人の作家で少しづつ違うから、カテゴライズしにくいんだと思いますけど、実際は人間のやることはどこか「パターン化」しているわけで、ある程度、分けることは可能だと思うわけです。


こういうことが、あまり根気よくは行われないために、「抽象芸術」が、見る側にとっては不親切なものになっているんじゃないかと思うわけです。


最近は、昔ほど「抽象表現」を、毛嫌いする人は多くはないのかも知れませんが、実際の所としては、よくわからないままに、”丸呑み”させられたという感じもなくはないんじゃないでしょうか?


本当は、『「抽象」なんてワケノワカラナイモノは、嫌いだ!』と言いたくても、そう言ってしまうと、「洗練されたものごとが理解できないヤツ」だと思われてしまうので、取り敢えず「ワカッタフリ」、をしている人がほとんどだと思います。

『そんなヒネクレタものの見方をする必要はないだろ』と言う人もいるでしょうが、むしろ、「誰にでもわかるように説明されていないモノ」が、いつの間にか、みんなワカッテイルということの方が、よっぽど不自然なことなんじゃないかと思うわけです。


こういう「最低限の理解」と「その作品を完全に理解すること」が混同されていると思います。

ナニカにつけて、『芸術なんて理解するものじゃないんだから、好きか嫌いかで十分だろう』と言うような、「チカラズク理論」が多すぎると思うわけですね。


もともと「抽象表現」全体としての目的は、物事の「本質を抽出して現すこと」なんだと思うわけです。
だから、その人が、とくに何を「抽出」したかったのか?ということが、

この場合の「何のために」に当たることなんだと思うのです。


その「抽象表現」が、何を「抽出」しようとした結果であるのか?ということが解れば、見る側の人は、その「抽象芸術」を判断し易くなるんじゃないかと思うわけです。


『パッと見て、好きか嫌いか、それでいいんだよ!』と言われればそうなのかも知れませんけど、それは、英語が理解できないのに、英語で書かれた本を好きか嫌いか、見ただけで判断しろと言われているのに近いことだと思うわけです。

やっぱり、日本語訳が出版されて、初めて一般に理解されるのが普通ですよね。


これは、必ずしも「芸術」をムズカシイ理論で説明しようということではなく、『意味なんて無いですよぉ~』と言うのはやめたほうがいいんじゃないか?と言うだけのことです。

要するに「超・ムズカシイ理論」と『意味なんて無いですよぉ~』のどちらかで、その中間がないのは、おかしいんじゃないですか?ということですね。


こういう風に考えると、「抽象芸術」には、見る側に対してやや不親切な面があるということは、否めない所なんじゃないかと思うのですがどうでしょうか?


こういうカテゴライズを嫌う人もいるでしょうが、必要な区分や説明ならば、あってもいいんじゃないのかなと。
理解し易く成るなら、イイんじゃないですか?

かえって理解できなくなるような説明が、あまりにも多いということが問題なんじゃないのかなと。


そんな風に思っているわけです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR