FC2ブログ

「お金」がないと生活できない?:「お金」を上回るナニカを持つこと



『お金がないと生きていけないでしょ』とよく言いますけど本当にお金がないと生きていけないモノなんでしょうか?


これを言うと、誰かに叱られそうなんですけど、たとえば「ホームレス」の人たちは、「お金」がなくても生きていますよね。
それから、「動物」達だって、「お金」なんて持ってませんね。
(あっても使わなそうですけど)


要するに、「お金」で生きてるのって、「一般的な社会生活をしている人間」だけなんですね。


現在の社会では、「お金」で買ったものでほとんどの「生活」が支えられているわけです。
だから、「お金」がないと生きていけないということに成るわけですね。

でも、これは、少し間違っていて、本当は『お金がないと、今の生活は維持できない』ということなんだと思うわけです。


まぁ、「ホームレス」まで「生活レベル」を下げれば、ほとんど「お金」がなくても生きていけますし、『あいつんち貧乏なんだぜ!』ぐらいでも、かなり少ない「お金」で生きていけます。


もちろん、『さぁ、みんなで貧乏になろう!』っていう話ではないです。
でも、少なくとも、『お金がないと生きていけない』と言う「常識」は、完全ではないということですね。

間違っているとも言えませんが、少し”ズレ”ているということなんじゃないかと思います。


それと同じで、『金さえあれば、なんとかなる』
これなんかも、少し”ズレ”ていると思いますね。


要するに、今の世の中は、ちょっと「お金」に偏っているんですね。
もう少し「人間」に偏っていてもいいんじゃないかと思うわけです。

「経済偏重」や「効率偏重」には、利益もあるでしょうが、弊害もあります。
でも、「人間偏重」だったら、弊害はほとんどないんじゃないでしょうか?


「経済上の利益」や「効率」が低下して、困るのは、実は「人間」ではなくて、「社会」と言う実体のない「構造」であって、その「社会」を構成している「人間」の意思とは無関係に「社会」が要求しているのが、「利益」や「効率」なんだと思います。


実際、人間は、今よりもはるかに社会の効率が悪かった時代に置いて、今よりも、はるかに非効率的な仕事のやり方をしていたわけで、それですら、ナントナク呑気にやっていたりしたわけですから、今だったら、かなりのんびり暮らせるハズなのに、ノンビリどころか、「社会機構」がシッカリしてくるにつれて、むしろ、「人間」が「社会」に服従させられてきているという感じがします。


だから、『お金がないと生きていけない』といつもきまり文句のように言うのではなくて、『お金なんて無くたっていいんだよ、まぁ、少しあれば、よりイイっていう程度のもんだね!』と言うぐらいのテキトーさもあっていいんじゃないのかなと。


それから、「お金を上回る”ナニカ”」を持てば、そこまで「お金」に固執することもないのかなと。


そんな風に思っているわけです。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR