FC2ブログ

「芸術表現」の「多重化」



「芸術表現」は、「多重化」の方向を取るように成って行くんじゃないかと思っているわけです。


現在、「表現形態」を交配(ミックス)することが盛んに行われていますけど、それも一種の「多重化」ではあると思うのですが、ここで言う「多重化」は、出来るだけ「表現形態」自体は広げずに(混ぜずに)、既存の「メディア」の中で「多重化」するという方向性のモノです。

 ※ここで言っている「メディア」とは、「表現形態」を指しています。
  「ミクスト・メディア」と言う場合は、「素材」の混合を意味することが多いと思い
  ますが、「表現形態」や「素材」をミックスするというのは、「多重化」と言うより
  は「多様化」に近いと思っています。

  私が考えるところの「多重化」とは、一つの「メディア=表現形態」の中で、異なる
  次元を創り出して、それを重ね合わせることになります。
  ただし、「額」や「題(タイトル)」のように、それ自体は主体性を持ったメディアとし
  て独立した評価を受けることがなく、作品の付属物とみなされているものは、その
  「メディア=表現形態」に従属する一部分として考えています。
 
どうして、「メディア」を広げないのか?と言えば、『薄まってしまうから』です。

つまり、「メディア」を広げていくということは、より広い領域に「表現」を投げ入れるということであって、その広い領域で表現されたものと言うのは、そのフィールドの広さによって薄められてしまうだろうと思うわけです。

だから、どうしても、初めて、その「ミックスされた表現形態」に出会ったときには、目を惹きつけられても、二度三度と見ているうちに、「そのミックス」に見慣れてくると、「その薄さ」だけが目に付くようになってしまい、けっきょくは見飽きてしまうような気がします。

要するに、「メディア=表現形態」をミックスするという形をとると、どうしても、「ミックス」が中心になって、「表現」が置いて行かれてしまう傾向があると思うわけです。


そこで、限られた「メディア」の中での「多重化」ということに成るわけですが、「絵画」なら「絵画」、「彫刻」なら「彫刻」と言う、完全に従来型の既存の「メディア」の枠をなるべく崩さずに、「多重化」していく方向を模索する必要があるんじゃないかと思うのです。

もちろん、「絵画」を「平面」と言い換えたっていいでしょうし、「彫刻」を「立体」と呼んでも、何の差支えもないわけですが、出来るだけ(あくまで、出来るだけです)、「表現形態の交配」自体を表現の中心にしないということですね。


つまり、同じことをするのでも、『ここに〇〇を使っているところがオモシロイ』とか、『〇〇と〇〇を掛け合わせているのが独創的』みたいに、「メディアの交配」自体が、その表現の一番の特徴になってしまうことは避けた方がイイと思うわけですね。


ここでいうところの「多重化」は、メディアの種類を重ねて表現の領域を広げることではなく、同じ広さの中で、『どこまで表現を重ねていかれるか』という方向に成ります。
つまり、「メディアの多重化」ではなく「表現の多重化」ということです。

なぜ、表現を「多重化」するのか?さらには、なぜ限られた「メディア」の中で「多重化」するのか?と聞かれれば、それは「密度を高めるため」と言うことでしょう。


美術の場合「作品」は、「物質」であるべきだと思っております。

 ※「コンセプト」や「パフォーマンス」などの「非物質」を「美術」とするのは、
  やや本質から外れているように思いますし、それは、「メディアの交配」と
  同じく「薄めること」につながると思っています。

「物質」と言うのは、「大きさ」と「密度」によって、「質量」が決まってくるわけで、基本的に「小さいわりに重いもの」つまり「密度の高いもの」が、「美術」には向いているんじゃないかと思います。

ただ、これを上手く説明する言葉はちょっと思いつきません。
上手い表現ではないかもしれませんが、「手ごたえ」とか「圧力」みたいなものでしょうか?


取り敢えず、「密度」を高めるためには、限定されたスペースの中での「多重化」ということに成るんだと思うわけです。
それで、いろいろな意味で、スペースを絞って、その中で、「重層的」にして行くことが求められるようになっていくと思うわけです。


単純に言って、「芸術作品」は、大きく成りすぎているような気がします。
また、、「メディアの交配」についても、それ自体を表現の中心にすることで、限りなくスぺースを広げてしまっています。
「芸術」に関する「イベント」なんかも、スペースを広げる傾向にあるように思います。

大きな「イベント」でも、どこか漠然としていて、集まった人たちに共通の意識がないというのは、良い面と悪い面があると思いますが、現状の、意識の希薄さはあまりイイモノでもないように思います。


そういったこと全体において、スペースを絞り込んでいくことが必要になってくるんじゃないかなと。
そして、その限られたスペースの中で、如何に「多重化」していくかということが問われていくようになるんじゃないなと。


そんな風に思っているわけです。・・・・・・次につづく



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR