FC2ブログ

絵画空間における「ユガミ」



「ユガミ」のある絵が好きなんですねぇ、私は。

ナゼなんでしょうかね?わかりませんねぇ。


取り敢えず、完璧に描かれた絵もイイとは思いますけど、その「完璧」の中に「ユガミ」はないかと探してしまいますねぇ。
そして、それを見つけられたときには、その絵がより一層好きになるという感じですね。


「ユガミ」って、描いた人の「一番の特徴」なんじゃないかと思うんですよね。
だから、「ユガミ」のある絵を見ると、その人が、そこにいるような気がするんですね。


それが「技術的」な中での「ユガミ」なのか、単なる「ユガミ」なのかは、ともかくとして、「ユガミ」っていうのは、「下手」っていうのとはチョット違うと思うんですよね。


上手い人の「ユガミ」にも、上手くない人の「ユガミ」にも、共通の「ナニカ」があって、それで、それを「ユガミ」と感じるんじゃないかと思うんですよね。


たとえば、人間の顔を書くときに、上手い人が描くと、「ユガミ」のない顔に成りますが、下手な人が描けば「ユガミまくり」の顔に成ります。


でも、だからと言って、「ユガミ」=「下手」ではなくて、要するに、上手い人は「ユガミが少ない」ということに過ぎなくて、下手な人は「ユガミが多い」というだけのことなわけです。

そして、「ユガミ」においては、その「量」ではなくて、「質」が問題なんだと思うのです。


だから、「ユガミが多い下手な絵」か、「ユガミが少ない上手い絵」か、ということよりも、その「ユガミ」に、どれだけ「描いた人」が現れているか、ということが大事なんではないかと思うわけです。


そういうことですから、当然、「上手い人」が、無理して”下手っぽく”しても意味はないでしょうし、「下手な人」が、表面的な”上手さ”を追っても「いいユガミ」にはならないでしょう。

むしろ逆で、本当の「自分らしさ」を隠してしまうような「ナニカ」を排除していくことが大切なんじゃないかなと。
たとえ、それが、人から褒められるような「技術」であったとしても、それが自分らしいものでないならば、ということですね。

その結果出てきた「ユガミ」こそが、「いいユガミ」なんだと思うわけです。


そして、それは必ずしも、本人にとって気持ちのいいモノとは限らないということもあるわけです。
それで、どうしても隠したくなりますから、無理して「技術」を使ったりして、ゴマカシテしまうわけですね。

その方が、たいてい、人から褒められます。

でも、それは、その人がその絵を「イイ!」と思ったからではなくて、『このくらい上手く描いてあるんだから、褒めないと失礼かな?』とか、『こんなに上手に描かれているんだから”ウマイ”と言わないと、自分の方が恥をかくかも?』なんて言う風に思っただけということも多いわけです。

あとは、ただ単に「技術力」に圧倒されてしまったというパターンも多いですね。
「技術」に隠されて「芸術」が見えにくくなってしまうということですね。


じつは、人間は、「上手さ」よりも、「ユガミ」に惹きつけられる性質があると思いますね。


少なくとも、「上手さ」に惹きつけられているのは、その人の「後天的な部分」で、「ユガミ」に惹きつけられているのは、その人の「先天的な部分」と言っていいんじゃないかと思います。


言い換えれば、「後天的な部分」=「社会的な部分」「先天的な部分」=「個人的な部分」とも言えますね。
「個人的な部分」は「本能に近い部分」と言った方がいいかもしれませんね。


「芸術」においては、どっちが大切でしょうね?


人それぞれだとは思いますけど、私は、どうしても「個人的」で「本能的」なモノを求めてしまいますねぇ。


そういうわけで、

『ユガミのある絵が好きです』

ええ、それだけです。

『でも、ウネリも好き!』

ええ、似たようなモンです。

『でも、ヒネリは嫌い!!』

とまでは言わないけれど、好きではない!



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR