FC2ブログ

だいたいのことが『努力すればできる』・・・けど



世の中、だいたいのことは「努力すればできる」と思っているわけです。


だから、「芸術」だって、だいたいのことは「努力すればできる」と思うわけなのです。


でも、です。
やっぱり「できないこと」はあるわけで、『どう頑張ったって、こんなのできっこないよ!』っていうのもありますよね。

でも、でも、です。
『そのできないことを、やらないとダメなんじゃないの?』って言うことに成るわけですね。


つまり、「努力」とか「頑張る」っていうのは当然のこととして(いや、もちろんそれだって大変ですけどね、出来るかどうかとは別にですよ)、その先に行って、『できっこないこと』がたまたまできる時が出てくれば、そんなときに、「才能」なんてものがどれほどのモノなのかということに思い当たるんじゃないかと思います。


要するに、「上手い」とか、「丁寧」とか、「イイ」とかっていう、いわゆる「上等なこと」っていうのは、努力すれば、出来るような気がしているわけです。

ところが、「下手」とか「ダメ」とかいうような、いわゆる「上等じゃないこと」っていうのが、じつは、努力してもできないことなんじゃないかと思うわけですね。

つまり、「下手」にするだけならできても、「その下手さ」や「そのダメさ」を『やれ!』といわれると、『なかなか出来ない』ということがあるわけですね。


それは、一言でいうと「クセ」だと思うんですね。
その人の「クセ」は、その人にしか出せないんだと思います。

で、その「クセ」を出せばいいのか?っていうと、やっぱりそうでもなくて、叩いても、叩いても、執拗に出て来るような「クセ」を見つけ出して、出していくというのが、これまた『なかなか出来ない』わけなのです。


そして、そういう「クセ」を見つけ出すには、やっぱり数をたくさんこなしていくしかないんだと思いますけど、それでも、残った「クセ」には、きっと「自分らしさ」がよく表れているんじゃないかと思っているわけですね。


と言うわけで、『努力してもできないことを、やるために努力しましょう』というのが、本日の結論となりました。


『・・・・・ナニカ問題でも?』




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR