FC2ブログ

「死を恐れること」



世のなかのすべての「恐れ」の根源が「死を恐れること」なんじゃないかと思うわけですね。


とにかく、どんなことでも「死」を恐れないでいられたら、ほとんどのことを、恐れないでいられるようになるんじゃないかと思うわけです。

つまり、どんな「恐れ」でも、元をたどって行くと、最後には「死を恐れること」があって、そこから、すべての「恐れ」が発生しているように思えるということですね。


確かに、「病気に成ること」でも「怪我をすること」でも「飢えること」でも、ありとあらゆる「恐れ」が「死」に通じているようにも見えるんですね。


ところがですねぇ。

「生きていること」っていうのも、けっこう「恐ろしいこと」なんじゃないのかなと思ったりもするわけです。
と言うよりも、「生きていること」で「死を恐れること」も生まれているわけで、生きていなければ、「恐れること」もないわけですから、
「生きていること」が、唯一の「死を恐れること」を上回る「恐ろしいこと」なのかも知れませんね。


それなのに、どうして「生きていること」は「恐ろしいこと」だと言われることがほとんどないのでしょう?


これは、たぶん、『永遠に生き続けることは絶対にない』という前提があるからなんじゃないのかなと。


実際、「生きていること」と言った場合、それを、ちっとも「恐ろしい」と思わないのに、「永遠に生き続けさせられること」と言った場合には、突然、それは「底知れないほど恐ろしいこと」のような気がしてくるわけなのです。

だから、「不老不死」は人間の究極の願望だ、みたいなことをよく言いますけど、あれは、リアリティがないから言えることで、本当は、「究極の願望」どころか「究極の恐ろしいこと」なんじゃないかと思うわけですね。

そうなると、『自分が生かされていることに感謝しています』という言葉をよく聞きますけど、あれなんかも、『自分が永遠に生かされる』としたら、「感謝」できるんでしょうか?

いや、皮肉ではないですよ。
ただ、「生きていることの恐ろしさ」を知ったうえでこそ、本当の「生きることへの感謝」っていうのがあるんじゃないかと思うということですね。


まぁ、それはさておき、「死を恐れること」の方ですけど、取り敢えず、「生きることの恐ろしさ」の方は、なかなか「永遠に生きること」に現実味を感じられないので置いといて、やっぱり、「死を恐れること」が無く成れば、「怖いもん無し」なんじゃないかと思ってしまうわけですね。


よく『死ぬ気に成ったらなんだってできる』みたいなことを言いますけど、確かに、『死んでもイイや』と思ったら、ほとんどのことが、怖くなくなるんじゃないのかなと思います。


でもですね、『いや待てよ』と、もうひとつだけ、「恐ろしいこと」があると思うんですね。
それは、「恥をかくこと」なんですねぇ。

これは、人間だけの特徴なんでしょうが、人間は、「恥をかくこと」をとても恐れているんですねぇ。
と言っても、ちょっと恥ずかしいっていうんじゃなくて、自己のアイデンティティーを失ってしまうような「恥辱」ですね。

これは、ほとんどの人にとって「恐ろしいこと」と言えるんじゃないでしょうか?


ということで、「死を恐れること」と「生きることを恐れること」と「恥をかくことを恐れること」
この三つから逃れられれば、完全に「怖いもん無し」ですね。

『・・・・・・・無理ですね』




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR