FC2ブログ

「子供」を「親」から引き離すという選択肢



現在の日本社会における、「幼児虐待」や子育て中の両親の「イライラ度」などを見ていると、「子育て」を両親に任せていて大丈夫なのか?と思ってしまうわけなのです。


「少子化」や様々な「文明の利器」によって、「子育て」や「家事労働」の「肉体労働的な部分」は、圧倒的に軽減されているハズなのに、それとは裏腹に、現在の「子育て中の親」は、常にに苛立っていて、その「八つ当たり」の対象は多くの場合「子供」なわけです。

そんな状況の中で、「児童虐待」の報道などを見るたびに思うことなんですが、そういうケースでは、どう考えても「親に育てられること」が「子供の不幸」と直結しているわけです。

あまりにも「不幸」なので、救いようがないと感じてしまうほどです。


そうなると、『本当に、子育てと言うのは両親がやらなければいけないモノなのか?と言う疑問が生じてくるわけです。

つまり、「虐待」などの個別のケースに対応するのではなく、初めからすべての子供について、「両親による子育て」を諦めて、国家や自治体が、ごく幼い時期の幼児の段階から、「両親」と「子供」を引き離して、「子育て」を公共団体が行うという選択肢も、視野に入れていかなくてはならなくなっていくんじゃないか?と言う気がしてしまうわけですね。


これは、もちろん、財源や運営方法など、「可能か?不可能か?」ということは抜きの話ですけど、それ以前に「両親から子供を引き離す」と言う選択肢が「アリか?ナシか?」ということですね。


まぁ、要するに、私は「アリ」だと思うんですよね。


非常識だとは思いますし、「親の愛情」云々と言うことを考えれば、当然無理もあるわけですけど、それを上回るくらいに、「親のイライラ度」が上がってしまっているんじゃないかと思うわけです。


それに、「施設で育った子供」が「出来が悪い」ということでも無いと思いますし、その子たちが「不幸」だとしたら、それは「施設で育てられた子供」と「親に育てられた子供」が居るから、その格差による部分もかなり大きいんじゃないかと思うんですね。

みんなが、同じように教育施設で育てられるように成れば、少なくとも、「差」は少なくなると思います。


もちろん、理想を言えば、「両親」が子育てをするのがイイんでしょうが、そういう理想論が空虚に感じられるほど、「親のイライラ度」が高まってしまっていて、実際に「ヒドイ虐待」を受けているようなケースでなくても、現在の日本社会で育てられる子供と言うのは、社会全体から「まんべんなく緩やかな虐待」を受けているようなものだと思うわけです。


ただ、教育施設で「虐待」が起きることもあるでしょうから、そこのところを、クリアするのは難しでしょうが、取り敢えず、「公による子育て」や「衆人環視の下での子育て」ということが必要になって来ているように思いますね。
というより、むしろ、何時かはそうならざるを得ないような気がします。


そんなわけで、「子供」を「親」から引き離すという選択肢は「アリ」だと思います。


さて、話は違いますけど、そうなると、「少子化」はどちらに傾くんでしょうか?
「子育て」と言う「生きがい」を失って、より一層「少子化」へ向かうのか?
それとも、負担が軽くなって「子だくさん化」へ向かうのか?

また、どちらに転ぶとしても、それは「なぜ?」なんでしょうか?

見当もつかないですね。


いずれにしても、「現在の子育て」は個人には重すぎるのかも知れませんね。
「それが出来る人」もいるでしょうが、「それが出来ない人」が増えてきているということなんでしょうね。

この状況からは、簡単に抜け出せないような気がしますね。

悲しいことではありますけど。


まぁ、そんな風に思うわけですね。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR