FC2ブログ

抽象だけど「形」重視



「抽象画」と言うと、「立体表現」を使わないことが多いと思うわけですけど、実は、「抽象画であること」と、「立体表現を使わないこと」とは、必ずしも、関係ないことだという考え方もあっていいんじゃないかと思うわけです。

 ※ここで言う「立体表現」とは、大雑把な言い方をすれば、光と影を使って
  形を現すというようなことです


私は、「抽象」とは「物事の本質を抽出して現すこと」だと思っているんですが、「本質」と「立体表現」が、相反しているということは無いと思います。
と言うよりも、現在言われているような「抽象」と言うのは、「抽象」と言う概念全体の中のごく一部の、言ってみれば「極」の部分で、そういう「極」の性質と、「立体表現」が相性が悪いということなんじゃないかと思うわけです。


「極」とは、つまり、同じ「抽象」でも、「この世界全体の本質を抽出するような表現」ですね。
そういう極端な「抽象」が、いま言われているところの「抽象」で、そういう絶対的な普遍性を求めた場合、「立体」と言う「限定された枠組み」が邪魔に成るということなんんじゃないかと思うわけです。


また、そういう「極」が悪いということは、もちろん、ないんですが、そういうのは、限りなく不可能に近いんじゃないかとも思うのです。
あまりに普遍的過ぎて、「何も表していないこと」とほとんど同じようになってしまうんだと思います。


つまり、世の中の全ての本質をまとめて現そうとすると、何も表すことが出来なくなってしまうということなんじゃないでしょうか?


ということで、私といたしましては、「立体表現」を積極的に使って行きたいなと思っているわけです。


もともと、いま言われているような「抽象」と言う概念が現れてきたときに、「精神性」や「普遍性」を追究するための手段として現れてきたことで、「物質性」や「現実性」が排除されてしまったんだと思います。

それ自体が間違っていたとは思いませんが、理論的には間違っていなくても、「実現できないモノ」や「表現として成り立たないモノ」を「抽象表現」と言うのは、やはりチョット・オカシイと思うわけですね。


私自身も、このブログの冒頭に掲げている「宣言文」の中で、「真術」と言う「芸術の中心」に位置する領域を、「ほとんど不可能に近いもの」と言う言い方をしている部分がありますが、それは、あくまで指標としての「芸術の中心」であって、実際には、中心を目指しながら、その途中で着地することをダメだとは思っていません。


それから、「絵画」に置いて、「立体表現」を使わないということは、「絵画」の持っている、「表現力」のかなり大きな部分を失うことに成ると思います。


そういうわけで、「抽象」でも「形・重視」と言う考え方でやっております。

ただし、その「形」をできるだけ、「自作」しようと思っているというわけです。


つまり、「世の中にないモノ」を「絵の中に創り出そう」と言うわけです。
悲しいかな、出来ているのかどうかわかりません。
「ないモノ」ですから、出来ている」かどうかが確認できないんですね。


まぁ、今のところ、『確認できないということは、ないモノということなんじゃないの?』と思うことにしています。

『そんな程度でも、なんかやってるだけ、少しイイんじゃないの?』と言う風に思っています。

『でも、どこかですごく間違ってるのかも?』と言う風にも思っています。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR