FC2ブログ

二種類の惹きつけられるもの



人間が「惹きつけられるもの」の中には、「正」と「負」の二種類の「惹きつけられるもの」があると思うのです。

「正」の方は、人間にとって「有益なモノ」で、「負」の方は、人間にとって「害に成るモノ」ということですね。


たとえば、「正」の方で言えば、「美味しそうな木の実」とか、「美しい花」とか、「素敵な異性」とかですね。

人間は、そういう利益があって、害は無いようなものに惹きつけられることで、「トク」しようとするように、遺伝子レベルで刷り込まれているんでしょうね。たぶん。

逆に、「負」の方で言うと、「毒のある植物や動物」とか、「危険な猛獣」とか、「素敵じゃない異性」とかですね。
(いや、外見じゃなくてですね)

そういう不利益や害に成るようなものに注意を向けて、それを避けるように、やっぱり遺伝子レベルで刷り込まれているんだと思います。


そして、この「二つの惹きつけられるもの」が芸術の場に持ち出された場合、区別しにくくなると思うわけです。

どちらも同じように「惹きつけられるもの」であるために、それが「正の惹きつけられるもの」なのか、それとも「負の惹きつけられるもの」なのかが、把握しにくいんでしょうね。


まして、芸術の場に置いては、あらゆる手法がありますし、技術的にスバラシイ作品だったりもしますから、そちらに目を奪われて、それが「正」であるか「負」であるかが、見落とされてしまうこともあるんだと思います。


でも、やっぱり、芸術に置いて、「負の惹きつけられるもの」の方を使うのには、少し慎重に成ったほうがいいような気がするわけです。


はじめに述べたように、遺伝子レベルで「惹きつけられるもの」が刷り込まれているんだとすれば、当然、「負」の方が強く惹きつけられるということが出て来るわけです。

サバイバル的な意味では、「危険回避」が最優先ですから、「負」に強い興味が行くのは当たり前と言えば当たり前のことでしょう。


確かに、「グロテスクなモノ」や「恐ろしいモノ」は、非常に強く人の意識を惹きつけますが、それは、本当の意味で好まれているのとは違うような気がします。


そうした「負の要素」を使ったとしても、最終的には「正」に着地したほうがいいんじゃないかと思うんですね。

芸術はやはり「正の惹きつけられるもの」であってほしいなと思うわけですね。
(自分の絵は、よく人から気持ち悪いと言われますけど)


そして、鑑賞者の側も、それが「正の惹きつけられるもの」か「負の惹きつけられるもの」かを、判断の基準として、しっかり持っていたほうがいいんじゃないかと思います。

芸術の場合、この判断はとても難しいので、一概には言えませんけど、少なくとも、そういう「意識」があるのとないのとでは大きな差があると思いますね。


それでないと、なぜか芸術に触れるたびに気持ちが落ち込んで、気分が悪く成るなんてことにも成りかねないので、出来るだけ、「正の惹きつけられるもの」を使って行った方がいいんじゃないのかなと。


そんなような気がします。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR