FC2ブログ

「抽象的な視点」



「現代の芸術」においては、「抽象的な表現」以上に、「抽象的な視点」はとても重要なんだと思うわけです。


「表現形態」としては、「抽象」と「具象」のどちらか一方を重視する必要は無いような気がしますし、むしろ、それは合体させる必要があるんだと思っていますけど(表現的な折衷と言うよりも、精神的な融合に近い方向だと思っています)、「芸術における視点」としては、「抽象的な視点」を重要視した方が、「芸術」が見えやすくなるんじゃないかなと思っているわけです。


これは「創作」においても「鑑賞」においても言えることだと思いますが、「抽象的な視点」を持つことで、いろいろな意味で範囲が広がりますし、見えないモノや見えにくいモノが見えるように成るということが、確かにあるわけです。


たとえば、現在において「具象画」を見る時に、それを「具象的な視点」だけで見た場合、その絵が「上手いか、下手か」と言う話だけで終わってしまいます。

でも、そこに「抽象的な視点」を持ち込むことで、「具象」であっても、そこに「異・現実感」を見つけ出すことが可能に成ります。
そこで、「上手いか、下手か」と言うこと以外の「意味」が発生するわけですね。

それで幅が広がるんだと思います。


「表現」においては、常に「抽象」を選択するか、「具象」を選択するかは、意識されていますし、見る側も、だいたいそれを意識して見ています。


でも、「視点」については、人間は常に無意識に「具象寄り」だと思います。
それでないと生活できないような気がします。

やはり、モノを見たときに、それが「ナニ」であるかを判断するという「具象的な視点」が優先していないと、日常生活がしづらいような気がしますね。


だから、人間は意識して「抽象的な視点」を重視していかないと、「抽象性」を見逃してしまうようにできているんじゃないかと思うわけです。


また、「抽象」が嫌いだという方でも、案外初めから、「抽象的な視点」を持っている方もいるようですから、敢えて「嫌いな絵」を見るんじゃなくて、「好きな絵」の中に「抽象性」を見つけ出していけたら、少し”イイ”んじゃないのかなと。


それから、案外「抽象」が好きと言う方にも、逆の形で、これと同じようなことがあるみたいで、「抽象画が好き」と言う人が、
ほとんど「抽象的な視点」を持たずに「抽象画」を見ているということが、わりとよくあるような気がします。

そういうときにも、「抽象」が好きなんだから、それでいいといってしまわずに、「抽象的な視点」から見ていくと、見かたの幅が広くなるんじゃないのかなと。

そんな風に思っているわけです。


関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR