FC2ブログ

「抽象画」と「模様」の違い



「抽象画」って、「抽象化」すればするほど「模様」っぽく成ると思うんですね。
そして、そうなると、「抽象画」と「模様」の違いって何なのか?ということに成って来るわけです。


ほとんどの場合、作者の中では「ゼンゼン違うモノ」なんだと思うんですけど、その違いが見た人に伝わるのか?と言うことになると「?」ということなんだと思います。

 ※『いえ、おんなじですよ、絵具で模様を作ってるだけですよ』なんて言う人も居らっ
  しゃるでしょうが、少し無理があるような気がしますね。


「抽象画」の方は「自己表現」として描かれているわけですし、「模様」の方は「装飾」としてデザインされているわけですから、根本的に違うハズなんでしょうが、なぜか「抽象化」すると「模様化」するということに成ってしまうわけですね。


おそらく、これは「抽象画」が「立体表現」を使わない時に起きてくる現象なんだと思うわけです。
つまり、立体的に描かれたモノと言うのは、あんまり「模様」っぽく見えないんですね。

もちろん「〇〇っぽく見えるかどうか」ということは、そんなに大事なことではないのでしょうが、まぁ、やっぱり「作者の意図」が伝わりやすい方がイイんじゃないかとも思うわけですね。

だったら、「立体表現」使えばいいじゃないかということなんですけど、そうすると、今度は「抽象」っぽく無く成って来ちゃうんですねぇ。


今度は、「模様」とは逆に、「立体的」に描くことが、「抽象的な印象」を妨害するような構造に成っているわけですね。

要するに、見る側の人の中に、『抽象とはモノを描かないことだろう』と言う固定観念が、すでに出来上がってしまっているわけです。

しかし、、本来の「抽象表現」は必ずしも「モノを描かない」ということとは関係なくて、【「単なる現実の模倣」ではない「ナニカ」をもって「モノゴトの本質」を抽出して表現しようとすること】なんでしょうから、「モノ」を描いても、別にサシツカエはないんじゃないかと思います。


実際、「スーパー・リアリズム」の絵が、「ある種の抽象性」を持っていることは確かなことだと思います。
その場合、「現実以上の現実性」が「異・現実感」のようなものを生み出しているんでしょうね。
つまり、「抽象性」と「具象性」が同居しているわけです。

「現実まで」が「具象」で、「現実を超えたところから」が「抽象的」に成るということだと思います。


これは、必ずしも、「スーパー・リアリズム」に限ったことでも無くて、どんな絵にも「抽象性」と「具象性」は、どこかで同居しているんだと思います。

ただ、その比率によって「具象画」と「抽象画」と言う分け方があるだけなんだと思うわけです。


そこで、話を「模様化」に戻すと、「模様化」するか「具象化」するかの二者択一だとしたら、「具象化」した方が、少しマシなんじゃないかなと思うわけです。

見る側と同じように、創作する側にも、『モノを描いたら抽象じゃない!』と言うような固定観念が出来てしまっていますから、現在の「抽象画」においては、『「模様化」は許されても「具象化」は許されない』というような空気があると思います。

でも、私はどちらかと言えば、「模様化」の方に違和感を感じるんですね。


今述べたように、全ての表現が【「具象」と「抽象」の同居】による産物なんだとしたら、「具象化」に違和感を感じる理由は無く成るわけですが、全ての表現が【「模様」と「絵画」の同居】から現れているということは無いでしょうから、そこには違和感が発生するということに成るわけです。


また、「具象」と「抽象」は「手法の問題」にすぎませんが、「模様」と「絵画」は「目的の違い」だと思うわけです。
やはり、「目的が違うモノ」は「根本的に違うモノ」なんじゃないかと思うんですね。


そんなことから、「抽象表現」は「模様化」するよりは「具象化」する方が、少しマシなんじゃないのかなと。


そんな風に思っているわけです。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.