FC2ブログ

「脳内仕分け」



ちょっと前に、政治の世界で「事業仕分け」と言うのがありましたけど、「創作」について考えるときに、頭の中を、「創作に関係すること」と「創作に関係ないこと」に、「仕分ける」ということがあっていいように思うわけです。


これは「創作」以外のいろいろなことにも当てはまるんじゃないかと思いますけど、こういう「脳内仕分け」的な作業をやることで、頭の中の「漠然とした部分」がある程度クリアーに成るということはあると思います。


人間の脳と言うのは、かなり「曖昧領域」が広くできていて、そのことによって、複雑な思考ができる仕組みになっているんだと思います。

その反面、そういう「曖昧な情報」が漠然としたままだと、使われずに終わってしまうということも多いんじゃないかとも思いますので、そういう「曖昧領域」にある情報を「仕分ける」ことで、「曖昧さ」の「イイ部分」はそのまま残して、情報が整理されれば、少しいいんじゃないかと思うわけですね。


こういうことを、意識しないでできる人も居らっしゃるのかも知れませんが、自分のことで言えば、意識的に「仕分け」た方がいいような気がします。


これは、実はこのブログを書くように成って気が付いたことで、私の場合、「芸術関連の記事」と「そのほかの記事」がだいたい半々なので、何について書こうかと考えている時などに、自然と「創作関連のこと」と、「それ以外のこと」が、頭の中で分かれれていることに気が付いたわけです。


そして、そのことから、普段「創作とは無関係のこと」を「創作の場」に持ち込んでしまっていることに気が付いたというわけです。


まぁ、単純に言って、不要なモノを持ち込まない方が「集中」しやすくなると思うんですね。


『これは不要だな』と思うものをなるべく持ち込まないようにすることで、「スイッチ」を切り替えやすくするということですね。


それでも、迷うこととか、わからないことなんて山ほどありますから、せめて少し整理されたらチョットはいいんじゃないかなと。

まぁ、そんな風に思っているわけですネ。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR