FC2ブログ

「抽象の中に具象を見つけること」と「具象の中に抽象を見つけること」



よく、抽象画を見た人が、『この部分が〇〇みたいに見えますね』と言うことがありますが、そういう時、その人は「抽象の中に具象を見つけている」ということなんだと思うわけです。


また、それとは逆に、具象画を見た人が、描かれている具体的なモノとは無関係に、『この部分の色がイイですねぇ』と言うことなんかもよくあるわけですが、そういう時、その人は、「具象の中に抽象を見つけている」と言うことに成るわけです。


これらのパターンは、どちらも作者の制作意図を、かなりの所まで無視しているわけです。
でも、だからと言って、そういう見方が悪いとは思いませんし、それ以前に、そう見えてしまうものを、どうこう言っても始まらないと思いますから、もし、どうしても、そう見られたくないならば、そう見えないように描くしかないと言うことなんんでしょう。

それができないからと言って、それを見た人のせいには出来ないと思いますね。


で、私といたしましては、そういう見方が「いいか・悪いか」と言うこととは別に、「絵の中に作者を見つけること」を推奨しているわけなのです。


もともと、「抽象」と「具象」と言う概念が必ずしも対立していなかった時代には、いちいち、そんなことを考える必要もなかったのでしょうし、わざわざ「具象画」の中に「抽象的な美しさ」を見つけ出す必要性を感じるような機会があまりなかったわけです。

まして、抽象の方は、現在言われるところの抽象画とはやや趣が違っていたでしょうし、まだ、それほどまでに鑑賞者を考え込ませるような「意味ありげなモノ」に成ってはいなくて、敢えて、「具象」を見つけ出すまでもないようなわかりやすいデフォルメとか、幾何学的な模様に近いものしかなかったと思いますから、曖昧模糊とした形の中に『この部分は何かに似ているんじゃないか?』と言うような、見方をする余地はそんなに無かったような気がします。


それが、「具象と言う概念」と「抽象と言う概念」が対立するものとして捉えられるようになって、鑑賞者に対して、「具象」の中には「抽象」を、「抽象」の中には「具象」を「見つけ出すこと」が、ナントナク要求されるようになっていったような気がします。


前述のように、その見方が悪いということではないんですが、その前にある「抽象と具象の対立という構図」には、やや無理があると思いますので(私は「具象」と「抽象」は、常に両立していると思っています)、その辺から、無理な要求が発生しているのであれば、その部分はない方がいいんじゃないのかなと思うわけです。


要するに「芸術の世界全体」に「抽象と具象の対立」という構図が頑としてあるために、鑑賞者としては、そのどちらかに偏った見方をすることを、なんとなく適切でないことのように感じているんじゃないかと言う気がします。

それで、無意識のうちに「具象画」を見ると「抽象性」を探してしまうし、「抽象画」を見ると「具象性」を探してしまうんじゃないかなと思うわけです。

実際は「具象画」であっても「抽象画」であっても、「絵」は「絵」であることに違いがないわけで、やはり「絵」として見るのが、最も単純に考えれば、適切なんじゃないかと思うわけですね。


要するに、「花の絵」であっても、それを「花」として見るのではなく、あくまで「花の絵」として見るということですね。

さらに言えば、「花の絵」の中の「花の~」の部分よりも「~絵」の部分に重点を置くということです。


一方、「抽象画」で言えば、「ナニでもないナニカの絵」と言うことに成るわけですが、やはり、同じように「ナニでもないナニカの~」の部分ではなく、「~絵」の部分を見ていこうということです。

つまり、この見方だと、「抽象」も「具象」も同じように見ることが出来るということです。
(両方とも「~の絵」ですから)


なんで、こんな見方を推奨しているかと言えば、前述の「作者の意図を理解してほしい」と言うこともあるんですが、それ以上に、「鑑賞の幅を広げる」と言うことがあるわけです。


「花の絵」を「花の~」として見てしまえば、「花」に収まってしまいます。
「~絵」として見ることで、「その絵」の中に「花ではないナニカ」が見えてきます。

それが、「その絵」の中に「作者が込めたモノ」だと思うわけです。
つまり、「作者が最も伝えたかったモノ」と言ってもいいと思います。


これを見ないと、「絵」を見た意味の大きな部分が無く成ってしまうような気がするわけです。


と言っても、実際は、ほとんどの人が、こんなことを意識しなくても、多かれ少なかれ、「作者の意図」を汲んでくれていますから、全く無く成ってしまうというわけでもないんでしょうが、まぁ、出来れば、ストレートに「絵を見る」と言う感じもあっていいんじゃないのかなと。

そんな風に思ったりもするわけなのです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR