FC2ブログ

はたして「描写力」が必要なほどのモノを「創造」することが出来るのか?



『「抽象画」にも「描写力」は必要なモノなのだ!』と言われることは多いですし、『いや、むしろ「抽象画」にこそ「描写力」が必要なのだ!』と言われているのもよく聞くような気がするわけです。


でも、その「描写力」って本当に必要なんでしょうか?


確かに、「描写力」が全く無かったら、何も表すことが出来ないですから、それは、必要なんだと思うわけですが、ただし、問題は、『それがどの程度か?』と言うことなんじゃないかと思うわけです。

また、それ以前に、「抽象」の場合、『はたして、「描写力」が必要なほどのモノを「創造」することが出来るのか?』という問題があるわけで、具体性のない所から、「ナニカ」を創り出す「抽象表現と言う作業」において、そこまで、繊細で厳密な「描写力」が必要に成るほどの「非現実的なナニカ」を創り出すのは、かなり大変だと思うわけです。

そんなことが出来るなら、それは素晴らしいことだと思いますし、それならば、当然「描写力」も必要に成るんでしょうが、現実には、なかなか難しいんじゃないかと思ってしまうわけなのです。


実際のところ、『頭の中で「ナニでもないナニカ」を創り出して見ろ!』と言われると、どうやら、人間の頭と言うのは、そういうことにあまり向いていないようで、かなり苦労するわけです。

まして、「描写力」が必要なほどの「繊細なナニカ」を創り出そうと思ったら、その時点で、あっという間に行き詰ってしまうような気がします。


まぁ、人間の頭で創り出せるものと言えば、『なんとなく形があるのかな?』ぐらいの「曖昧なモノ」なんじゃないでしょうか?
そういうものを創り出すのでさえ、四苦八苦&七転八倒と言うのが現実だと思います。

さらに言うと、そういう「曖昧なモノ」を、あまり描写しようとすると、ミョーに整然とした「ワケガワカラナイのに単純」と言ったツマラナイものになってしまうような気がします。

「単純明快」と言う言葉がありますが、そういうのは「単純難解」だと思うわけです。


私といたしましては、どちらかと言うと「複雑明快」と言う路線を目指していますので、これは、近づきたくない正反対の方向なわけですね。


自分のことはともかくとしても、やはり、「現在の抽象表現」においては、「描写力」にかまっている余裕がないほどに、「ナニでもないナニカを創り出すこと」に力を使う必要があると思うわけです。

そして、それを「写し取ること(=描写すること)」ではなくて、「表現すること」に努力する方が重要なんだと思うわけです。


この表現形態を、なんと言ったらいいのかわかりませんが、「描写」とはハッキリと違う作業だと思います。


「描写」は、「正確に写し取ること」に意味がありますが、こちらは、「正確に」ではなく、「強く現すこと」で、意味が増すというようなことです。


「曖昧なモノ」を「曖昧に現す」のではなく、「曖昧なモノ」を『なんとかしてクッキリと現す』と言う感じなんでしょうか。


まぁ、いずれにしても、私の場合、描写をしている余裕はあまりないですね。

と、そんな風に思ってしまうわけなのです。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR