FC2ブログ

「一瞥の力」



つね日頃から、「一瞥の力」と言うものを身に着けたいなと思っているわけです。


ここで言う「一瞥の力」とは、「創作する側」としては、一瞬見ただけでも、力強さが伝わるような絵を描くということですし、「見る側」としては、一瞬見ただけでも、、そのものが持っている力を感じ取ることが出来る眼力を持つということです。


実のところ、人間の「判断」や「印象」と言うのは、ほとんどの場合、瞬間的な「一瞥」によって決まっていることが多いと思います。
つまり、瞬間的に伝わらなかったものは、、その後、時間をかけても伝わらないことの方が多いということですね。


もしそうだとすれば、やはりこの「一瞥の力」を身につけないと、「伝えられるもの」も「感じ取ることが出来るもの」も少なくなってしまうということでしょうから、そこは何とか身に着けていきたいなと思うわけですね。


でも、その反面、「じっと見続けていたくなるようなモノ」を描きたいという気持ちもあるので、その辺が難しい所ですね。


まぁ、「描く側」としてはなかなか難しいでしょうから、せめて「見る側」としての「一瞥の力」くらいは身に着けておきたいもんだなと。
でも、よく考えたら、他人の絵をあまり見ないので、身に着けていても使わないかも?

いずれにしても、ほとんどの場合は、まず最初の段階で、「一瞥」によって判断されてしまうのは事実だと思います。
そして、その判断を否定することが出来ないんだとすれば、その「一瞥の判断」に「作品」をゆだねることになるわけです。

だから、「一瞥の力」を重視していこうかなと。

そんな風に思うのです。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.