FC2ブログ

「現実」の中に「真実」は無い・・・そこまではいいとして



「現実」と言うと、「真実」と比べて、やや表面的というか、どことなく浅いというか、なんとなく単純というか、要するに、人間にも容易に理解できる範囲のものが「現実」だなと、そんな感じがするわけです。

「真実」の方は、人間には到底理解できないものと言う感じですね。


「現実」も「真実」の一種ではあるんでしょうが、その中で、人間にとってわかりやすいものを「現実」と言っているような気もします。
そして、そういう「現実」を除いた「狭義の真実」が一般に「真実」と言われているんじゃないかと思います。


そういう前提で言うと、

『「現実」の中に「真実」はない』ということに成るわけです。
この話には、『同意』の方も結構いらっしゃるんじゃないかと思います。


そこで、『そこまではいいとして~』という話です。


どうして、「真実」はこんなに見えにくいんでしょうか?
なぜ、時として「現実」が「真実」を覆い隠してしまうように感じるのでしょうか?
また、それ以前に、人間にとって「真実」はそうまでして必要なモノなのでしょうか?

 ※まぁ、それ以前に『「現実」だけで十分だろ!』という人も居らっしゃるでしょうから、
  そういう人から見れば、意味のない話に見えるでしょうが、不本意ながら、ここで
  は、そこのところは飛ばします。
  面白くなさそうなので。

おそらく、「真実」が理解しにくいのは、それが「人間のサイズ」を上回っているからだと思うわけです。
つまり、「人間のサイズ」以内のモノが「現実」で、それ以上が「真実」ということですね。

その「人間のサイズ」がどのくらいかと言えば、たぶん、「形あるもの」や「限られた時間内のもの」というようなことなんじゃないかと思います。

だから、「形のないもの」や「時間を超越したサイクルを持つもの」は把握できなく成るんでしょうね。
そして、たいてい、そう言うものが「真実」なんだと思います。


「真実」と言うと「普遍的」で「永遠に不変」であると考えてしまいますが、実を言うと、それが「人間サイズの考え」なんだと思います。

「形のないものの世界」や「時間を超越した世界」では、「不変」や「永遠」は意味を持たないような気がしますので、「普遍性」や「真実性」はそういったこととは無関係に存在するとも言えるわけです。


つまり、「真実」も「不定形」であって、変容し続けているということなんじゃないかと思うわけですね。
ただ、その「変容」が「人間のサイズ」を超えているわけです。

だから、把握することは出来ません。


おそらく、人間が理解できるのは、「それが人間に把握できるサイズを超えているということ」ぐらいまでじゃないでしょうか?


そして、その絶対に把握できないようなものである「真実」を、把握できないと知りながら探求し続けることを、「智」と呼ぶんじゃないのかなと。


そんな風に思うわけです。


『・・・・・・だからナニ!?』



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR