FC2ブログ

「美しいこと」と「醜いこと」



「芸術」をやっていたりすると、「美しいこと」っていうのは、いったい、どこで決まっているんだろうか?と思ってしまうわけなのです。つまり、「美しいこと」と「醜いこと」を分けている「モト」に成っている要素が知りたいなと思うわけですね。


私の場合は、基本的に「そのモノの本質に近いこと」は「美しいこと」だと思っているんですけど、それを人間に当てはめて考えると「本能」が一番人間の本質に近いようにも思えるわけです。

でも、人間の場合はその辺のところがやや複雑化していて、人間の中に「動物的な本能」と「人間的な本能」が、相反する形で存在しているように思うわけです。

 ※この場合の「人間的な本能」は、後天的なモノも含めていっています。
  後天的なモノを「本能」と呼ぶのか?という問題はあるでしょうが、人間の場
  合は、後天的なモノも「人間の本質」に近いことがとても多いので、これも「広
  義の本能」だと思っています。


たとえば、動物の場合だと猛獣が弱い草食動物を殺して食べてしまっても、「大自然の摂理」として、それはそれで「美しいこと」なんだと思いますし、また、草食動物の方も、猛獣に対して身を寄せ合って逃げ惑う姿というのは、、「草食動物のあるべき姿」として「美しいこと」なんだと思うわけです。

 ※ここで食物連鎖の中の順列を使ったのは説明しやすかったからで、実際は、
  同じ種の動物の中でもこれと同じようなことは成り立っていると思います。
  (強い者がリーダーになるというようなことですね)


ところが、これをそのまま人間に置き換えると、どうしても、「弱い者いじめ」とか、それとは反対に、「卑怯者・臆病者」と言った「美しくないもの」のイメージが思い浮かんでしまうわけなのです。

そして、そういう道徳心や正義感のような感覚も、「人間の本能」であると言わざるを得ないほど「人間の本質」に近い所に位置を占めてしまっているわけですね。

つまり、その部分が「動物の本能」とは少し違う「人間の本能」なんだと思うわけです。


そして、人間の場合、人間の中にある「動物的な本能」と「人間的な本能」を両立させて、もともと持って生まれた「動物的な本能」に、自分の行動で「人間的な意味」を付け加えることが出来たとき、それが「美しいこと」に成るんじゃないかと思うわけです。


こういったことを、私は『本能に近く、欲望からは遠い』と言っているわけです。
つまり、「人間的な本能」をかなぐり捨ててまで、「動物的な本能」に従った場合、結果としては「醜いこと」にしかならないということだと思っています。


それは「本能に従っての行動」と言うよりは「欲望に溺れての行動」と言うことに成ると思うわけですね。


「本能」を見失えば「本質」をも失うでしょうし、「本能」も「欲望」で塗りつぶしてしまえば、「美しいこと」ではなくなってしまうでしょう。

そして、「本能」に「人間的な意味」を与えられれば、「美しいこと」が生みだされるようになるのかなと。


今のところ、そんな風に思っています。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.