FC2ブログ

「欲」を捨てなくたって幸せになれるよ!



『「欲」にとらわれていると、本当に大切なものを失ってしまうんだよ!』と言われることがありますよね。

確かにそうだなと思います。
でも、そういう時に、たいてい「我欲を捨てること」の方へ話がいってしまうのは、チョト違うんじゃないかとも思うわけです。


要するに、『「欲」って、全部捨てないとダメなんですか?』ということがあるわけですね。


「欲望」に溺れて、本質を見失うから、「大切なもの」を失うことに成るわけで、少しぐらい「欲」があっても、物事の本質を見失ってしまわなければ、それでもいいんじゃないかと思うわけです。

もちろん、「物事の本質を見失わないこと」自体が、人間にとっては「大きすぎる課題」であるわけですから、それだって無理と言えば無理なんでしょうが、それと同じように、「欲を捨てること」も無理と言えば無理なんじゃないかと思います。


ただ、、「物事の本質を見失わないこと」は「生(セイです。ナマではありません。)」を目指しているように思えるんですが、「欲を捨てること」の方は、どこか「死」や「無」を向いているような気がしてしまうわけなのです。

つまり、「存在」を否定しているように思えるんですよね。

「欲」っていうのは「生命」の本質に近い所にあるモノだと思いますから、「欲」を全部捨てようとすると、「生命」が維持できなく成るような気がするわけです。

そして、最終的に「存在」すら消えてしまうような、そんな気もしてくるわけですね。
(でも、実際には「消えること」はできませんから、それも困るわけですね)


だから、「欲を捨てる」という発想で、ものを考えないようにしています。

どちらかと言えば、私の場合は、「本物の欲」と「マガイモノの欲」を見極めていきたいと思っていますね。


「本物の欲」は「本当に欲しいモノ」ですね。
「マガイモノの欲」は「本当はたいして欲しくないモノ」です。


「本当に欲しいモノ」や「本当にやりたいこと」だけを望む分には、なんにも悪いことは無いような気がします。


「たいしてほしくないモノ」や「やりたくもないこと」を執拗に望むと(たとえば、競争心や見栄だけでですね)、結果的に「欲望」に絡め取られて、いろんな弊害が生まれてくるように思いますね。


そんなわけで、『欲を捨てなくたって幸せに成れるよ!』と言いたいわけなのです。

それどころか「欲」は「幸せの素」なのかも知れないと思います。


だから、「自分の欲」から逃れたいと思ったときは、『待てよ!そいつ、マガイモノなんじゃないのか?』と疑ってみてもいいのかなと。


実は「本物の欲」を追いかけていくと、けっこうそれだけで手いっぱいで、「マガイモノ」にかまってる暇なんてないんじゃないのかなと。


そういう「本物の欲」って意外なほど「ピカピカ」していたりして?

「自分の欲」ってこんなに美しいものなのかって思えたら、『チョットいいんじゃないですか?』と。


そんな風に思っているわけなんです。


 ※「マガイモノの欲」は、多くの場合、「おカネ」から発生しています。
  だから、ほとんどの「マガイモノの欲」は、とても見分けやすいです。

  それなのに、たくさんの人が「マガイモノ」をつかまされてしまいます。
  つかまされた「マガイモノ」のことは、ともかくとしても、逃した「本物」
  のことを、見失ってしまうのは『惜しいんじゃないのかなぁ』と思った
  りしますね。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR