FC2ブログ

「カプセル画」という構想(空想)



これは、『たぶん、実現できないだろうなぁ』と思っていることなんですけど、私は「カプセル画」という構想を持っているんですねぇ。


これは、ごく簡単に言うと、人が入れるような大きさの「カプセル」を作って、その内面に「絵」を描くという感じのモノなんですが、

 ※小さな「プラネタリウム」みたいなものを想像していただければいいと思います。
  ただし、基本的に一人の人が入って見ることを想定しています。
  それから、足元(下側)まで球形の画面であるのが理想です。
  つまり、鑑賞者が宇宙空間に浮かんだような状態で、「絵の中に浮かんでいる」
  という感覚を創り出したいわけですね。
  (まぁ、難しいですよね)

当然、人が中に入って見るということに成りますから、『入口をどうするのか?』とか(できれば真ん中の下から入れるようにしたいんですねぇ)、『そんなものを置いておく場所なんかないよね』とか、『照明はどこからあてるのか?だいたい、球面の全方向にどうやって照明を当てるのか?』等々、さまざまな問題があって、「ほぼ実現不可能」なような気がしているわけです。
(それよりも、資金面がいちばんの問題なわけですけどね)


でも、まぁ、頭で考えるだけなら、出来るので時々考えているわけです。


そもそも、なんで「カプセル」に絵を描こうなんて言うことを思いついたかと言うと、現在、実際に、私が描いている絵に対する考えからきています。


私の場合、「表現の多重化」という考えを持っているんですが、そのことに関係して、「額」と「絵」の関係性を深めていこうと思っているわけです。
(実際の順番は「額」が先で、そこから「多重化」に至ったんですが)


私の中での「額」とは、「絵の世界」を「ほかの世界」とキッパリと区切るための「境界線」であり、「絵の世界」を、そこに封じ込めておくための「結界」でもあると思っています。
(なぜ、封じ込めるのか?と言うのは長くなるのでここでは省略します)

そうやって、「絵の中の世界」と「ほかの世界」を創り出すことから、「多重化」の第一歩が踏み出せると思うわけです。


それに対して、自分の中で唯一の「境界や結界を必要としない絵」が、この「カプセル画」と言うことに成ります。


「カプセル画」の場合、見る人が「絵」の中に入ってしまいますから、「ほかの世界」は「カプセル」の外側と言うことに成るわけです。

要するに、「カプセル」自体が「画面」でもあり、「境界」でもあるということに成るわけですね。
つまり、「カプセルの内側の面」が「絵の世界」で、「カプセルの外側の面」が「境界」と言うことに成ります。


結果的に、この「カプセル画」は、私にとって唯一の「額を必要としない絵」でもあり、「多重化を必要としない絵」でもあるということに成ります。


「額」や「多重化」について考えることも、けっこう楽しい作業だと思っているんですけど、実を言えば、それは「ある種の拘束」でもあるんですね。

つまり、いつも「額との兼ね合い」を考えながら「絵」を描かなくてはなりませんし、それでいて、「独立した絵」としても成り立たせたいわけですから、不自由な部分も出てくるわけです。

また、「多重化についても、表現を「多重化」させて重ねていく度に、何かが犠牲にもなるということがあるわけで、そういう時には、いつも「小さな苦痛」を感じているわけです。


その点で、この「カプセル画」について考えるときだけは、とても自由で、奔放な気持ちになれるというわけです。
(まぁ、実現性を無視して考えているから自由になれるんですけどね)


まぁ、そんなわけで、「カプセル画」という構想、いや、「カプセル画」という”空想”についてのお話でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当面、私自身は出来そうもないので、もしよかったら、誰かやってみてください。
『うまくいけば、ウケルかもよ?』

いや、そういうことじゃなくて、「自分の絵の中」に、人が入って見てくれるっていうのが、『なんか、イイじゃないですか?』っていうことですね。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR