FC2ブログ

「自立する額」は「額」と呼べるのか?



私は、「絵」だけでなく「額」も作っていきたいと思っているんですけど、それが、なかなか大変で「構想止まり」な状態なわけなんですねぇ。


にも拘わらず「構想」の方だけは、変化していくもので、現在、「二重の額」という「構想」も持っていますし、それに加えて、以前から「自立する額」と言う「構想」も持っているわけです。


「二重の額」の方は、「額」を作りはじめた後から、試行錯誤しているうちに出てきたものなんですが、「自立する額」の方は、どちらかと言うと実際的な問題として初めからあったもので、要するに、「額」が大きくて分厚く成ってしまいそうだったので、重量の問題などから、『こんなもの作ったら、壁に掛けるのは無理なんじゃないのか?』という考えが出てきたというわけです。


ただ、そこで一つ問題があって、『「自立する額」を「額」と呼んでもいいのだろうか?』という疑問があるわけです。


つまり、いくら「額」と言っても、また、いくら「絵」を収める枠であったとしても、自立していたら、それは一個の独立した立体物なわけで、「立体」としての性質が強すぎて、「額」とは言えなく成ってしまうんじゃないだろうか?と言うことですね。


昔の教会の祭壇画には、建築と一体化した、それ自体が建築物の一部でもあり、「額」でもあり、「祭壇」でもあり、「壁面」でもあるというような、大がかりなものもあるようですが、そういった祭壇画における「祭壇」は確かに「額」と呼んでいいモノだと思います。

日本の「床の間」や「屏風絵」や「襖絵」なんかも、それに近い解釈ができると思っています。


しかし、私の考えている「額」はそう言うモノよりも規模の小さいもので、あくまで、建築物の一部ではなく、「絵」の付属物であるという方向ですから、むしろ、「絵」を独立させるための「額」でもあるわけで、「より大きなものの一部分」という考え方はしていません。


そうなると、やはり「自立」=「独立した立体物」と言うことに成るような気がしてくるので、そこのところに、結論が出せないままに成っているわけですね。


まぁ、今のところ「絵」を描くのにいっぱいいっぱいで、「額」については棚上げ状態なので、「保留」のままでも問題ないんですけど、現時点で、自分の中での考え方としては、「自立する額」は「絵の付属物」である範囲で、「額」と呼んでもいいんじゃないか?ということに成っております。


要するに、「絵」にそれなりの「力」があれば、「立体」としての存在感が弱くなるので、それが「額」である範囲を上回ってしまうこともないのではないかと思うわけですね。
当然、「絵」が非力だと、「立体」に吸収されてしまうでしょうから、オブジェのようになってしまうだろうと思います。

つまり、「自立する額」というのは、「立体としての表現」と「平面としての表現」の中間にある状態を作るものなのかも知れません。
そういう「微妙な位置」は、「アリ」だと思います。







関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR