FC2ブログ

「人生のパターン」を崩した分が、その人の「進歩」なのかも



『「人生」って同じ「パターン」の繰り返しだよなぁ』と、つくづく思ったりする今日この頃なわけなのです。


「人生」も三分の一を過ぎて来ると(150まで生きる計算です)、『なんで人生には、おんなじ間違いを繰り返したり、抜け出したいのに抜け出せなくなるというパターンがあるんだろう?』と考えたりもするわけです。


まぁ、同じ人間がやってることですから、同じようなことを繰り返すっていうことなんでしょうね。
人間、そうそう変わらないわけですから、当たり前だと思います。


でも、そういう「パターン」を崩して、「違うパターン」に持っていけたら、そういうのを「進歩」って言ってもいいんじゃないかな?と思うわけです。

実は、「わるいパターン」から「いいパターン」に変えることが大事なんじゃなくて、「パターン」を変えるということ自体が重要なんじゃないかという気がするわけですね。


極端に言うと「いい」から「わるい」に変わった場合ですら、「同じパターン」にはまり込んで抜け出せない状態よりは、少し「マシ」な場合もあるんじゃないかと思います。


所詮、人間のやることなんてたかが知れていますから、「いい」と「わるい」の差なんて大したことないわけで、それよりも、「パターン」を崩したことの方が、大きいように思えるわけです。


「いい」か「わるい」かで言えば、「モノスゴクわるい」でなければ、その程度でいいような気がします。


だから、『こういうの実は嫌なんだけど、最近パターン化していてるよなぁ』と思った時には、ちょっと無理をしても「パターン」を崩すようにしています。

それでも、また「同じパターン」に戻ってしまうような場合はあきらめますけどね。
(ま、実際はほとんどそうなりますよね、残念ながら)


「居心地がいいパターン」の場合は変える必要ないと思います。
きっと、これも変えた方が「進歩」ではあるんでしょうが、そこまで「進歩」しなくてもいいのかなと思いますから、変えません。

『じゃあ、いつ変えるんだよ!』って思う人もいらっしゃるでしょうが、そのぐらい『人生はパターンでできているなぁ』と言う風に思うわけですよね。


でも、そうやって「居心地のいいパターン」が増えていって、あまりにも、居心地よ過ぎるようなら、そうなったときに考えます。

『たぶん、成りません!』


関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR