FC2ブログ

「意味」が希薄な部分に「意味」を補充するという作業



私が考えるところの「芸術の多重化」についての話です。


芸術作品に関することの中で、作品自体ではないけれど作品に影響があることっていうのが、けっこうあると思うわけです。


たとえば、私自身がやっていることで言えば、「額」もその一つですし、最近になって考えるようになった「長い題」もそうですね。
(こういうの、まだ、ほかにもあるんじゃないかなぁ?)


そう言う「作品周辺のモノ」って、これまで、かなりナイガシロにされてきたような気がするわけです。


『なんかオシャレじゃないんだよねぇ「額」って』みたいな感じですか?

「題」なんかでも、モノスゴク当たり前の「題」があるかと思うと、正反対に、どう考えても、見た人が作品と結びつけることが不可能な「題」もよくありますよね。


そういう「題」を見ると、たぶん、この作者は、『「題」なんて重要じゃないんだよ!』って言いたいんだろうなと思ってしまいます。


要するに、軽視されているっていうことなんでしょうね。
そういう「作品周辺のモノ」達がですね。


言い換えれば、「意味が希薄」なんですね。

作品との関わりとしては、かなり影響のある近い位置にあるのに、作品を重視することばかりが考えられてきたために、そういう「作品周辺のモノ」の「意味」が希薄になってしまったんだと思います。


そして、そういう「意味」が希薄な部分に「意味」を「補充」していけたら、一つの展開と成り得るんじゃないか?と思っているわけです。


実際は、作品を重視していくと、必然的に「作品周辺のモノ」にも意識が向くというのが自然なんじゃないかと思うわけです。
そういうことが、一つの「芸術の多重化」に成ると思っています。


「現在形の絵」においては、「額なし」が主流になってきていると思いますが、実際には、「額」がないということも、その絵の「見え方」に影響しているわけで、「絵の周辺」と言うスペースが存在する限り、必ずそこに影響が出てくるわけです。


「額装しないこと」も「額装の一種」であるという考え方もあるみたいですし、私もそう思います。
どっちみち影響があるんだったら、もうチョット見直してやってもいいんじゃないか?と思うわけですね。

つまり、そういう「影響がある部分」が、「意味が希薄」な状態のまま、放置されているのはモッタイナイと思うわけです。
(というか、気に成らない方がオカシイんじゃないの?)


いつの時代も、芸術においては、いろいろな人が、いろいろな創意工夫をしていると思いますが、それらは多くの場合「新しさ」を追求しているわけです。


私は、現在の芸術において、「新しさ」とは「スタイルの新しさ」だと思うのです。
「スタイル」は「形式」と言ってもいいと思います。
つまり、作品や表現自体と言うよりは、それらの「形式」が新しいことで「新しさ」を感じることが多いわけですね。

ということは、「新しさ」を追うということは、「作品の内容」とは必ずしも関係のない所での、「形式の新しさ」を追い求めるということなわけです。

そして、「新しさ」が求められ続けた結果として、「内容」が希薄になりつつあるという印象があるわけです。


現在、芸術において「ストレートな表現」を目にする機会が少なく成っていると思います。

みんな純粋な気持ちで始めるんだと思うんですが、その過程で、「新しさ」と「ストレートな表現」の二者択一を迫られますから、どちらかを選んで、どちらかを切り捨てなくてはならなく成るわけですね。


「新しさ」を選択した人は、比較的成功する確率が高くなります。
「ストレートな表現」を選択した人は、評価されにくくなります。
ドッチツカズの人は、絶対に評価されません。

だから、今は、「新しくてストレートじゃないモノ」が多いんだと思います。


芸術表現に、未開拓の領域がたくさんあった時には、作品自体の「ストレートな表現」で、同時に「新しさ」を追求することもできたのかも知れませんが、現在は、「新しさのサイクル」を上回るスピードで開拓が進められてしまうので、未開拓の領域が無く成ってしまったんだと思います。


そういうギュウギュウ詰めの状態の中に、「新しさ」を無理矢理ねじ込む過程で「ストレートな表現」が切り捨てられていってしまうわけです。


そこで、「スタイル」=「形式」の「新しさ」、の部分を、「作品周辺のモノ」でまかなえたら、いいんじゃないかと思うわけです。


それは「作品自体」ではないので、「作品自体」が「ストレートな表現」のために確保できるということですね。


そういったことから、「今まで意味が希薄だった部分」に「意味」を補充していけたら、チョットだけ、良くなるんじゃないのかなと。


そういうことを考えていたりもするわけです。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.