FC2ブログ

「能力がホメられる世の中」と「努力がホメられる世の中」



「能力がホメられる世の中」と「努力がホメられる世の中」だったら、どっちがイイんでしょうね。

私は「努力がホメられる世の中」であってほしいなと思っているんですね。


いや、けっして、自分に能力が無いから言っているんじゃないですよ。

『ゼッタイに違いますよ!』

『誓ってもいいですよ!!』

『1万円賭けてもいいですよ!!!』

「・・・・アンタしつこく言う割に、金額が少ないよね」

 ※私にとっては千円からが大金なので、1万円は巨額の掛け金に成ります。


とにかく、そういう個人的なことじゃなくてですね。

「能力が評価されること」には、それほど「意味」を感じないんですけど、「努力が評価されること」には、大きな「意味」があると思うわけです。

つまり、「社会的な意義」と言うことですね。


まぁ、「社会的な意義」も無ければ無いでもいいかなと思いますけど、あるならば、あってもイイと思いますから、考えてみるわけです。


どうして、「能力がホメられる世の中」には「社会的な意義」が無くて、「努力がホメられる世の中」には「社会的な意義」があると思うのかと言うと、「努力がホメられる世の中」だと、みんなが努力するようになるからですね。

すごく当たり前で単純なことだと思います。

でも、その逆に、「能力がホメられる世の中」に成ったとしても、みんなの能力が高く成るわけではありませんよね。

これも当たり前のことだと思います。
だから、「能力がホメられる世の中」には「社会的な意義」を感じないわけです。


しかも、「努力がホメられる世の中」に成った場合は、みんなが努力するようになるだけでなく、結果的に、その中から「能力を発揮する人」も出てくるわけです。

これまた、当然の成り行きですよね。


そうなれば、もう「努力がホメられる世の中」に「社会的な意義」を感じずにはいられません。


そんな感じで、私は「努力がホメられる世の中」に成ればいいなと思うわけです。

そして、このようなことから、『これまでの人生の中で、いま一番努力しているんじゃないか?』と思うほど、努力しているんですが、それが、イマイチ人に伝わらないようで、なんとなく「ラク」してるように見られがちです。


まぁ、それでもいいと思ってやっているので、『わかってくれ』とは言わないが
(こんな歌あったよね?)

努力してるのと、まったく逆のように思われてしまうのはけっこう悲しいかなと。


そんな風に思っていたりします。



関連記事

Comment 0

There are no comments yet.