FC2ブログ

「能力がホメられる世の中」と「努力がホメられる世の中」



「能力がホメられる世の中」と「努力がホメられる世の中」だったら、どっちがイイんでしょうね。

私は「努力がホメられる世の中」であってほしいなと思っているんですね。


いや、けっして、自分に能力が無いから言っているんじゃないですよ。

『ゼッタイに違いますよ!』

『誓ってもいいですよ!!』

『1万円賭けてもいいですよ!!!』

「・・・・アンタしつこく言う割に、金額が少ないよね」

 ※私にとっては千円からが大金なので、1万円は巨額の掛け金に成ります。


とにかく、そういう個人的なことじゃなくてですね。

「能力が評価されること」には、それほど「意味」を感じないんですけど、「努力が評価されること」には、大きな「意味」があると思うわけです。

つまり、「社会的な意義」と言うことですね。


まぁ、「社会的な意義」も無ければ無いでもいいかなと思いますけど、あるならば、あってもイイと思いますから、考えてみるわけです。


どうして、「能力がホメられる世の中」には「社会的な意義」が無くて、「努力がホメられる世の中」には「社会的な意義」があると思うのかと言うと、「努力がホメられる世の中」だと、みんなが努力するようになるからですね。

すごく当たり前で単純なことだと思います。

でも、その逆に、「能力がホメられる世の中」に成ったとしても、みんなの能力が高く成るわけではありませんよね。

これも当たり前のことだと思います。
だから、「能力がホメられる世の中」には「社会的な意義」を感じないわけです。


しかも、「努力がホメられる世の中」に成った場合は、みんなが努力するようになるだけでなく、結果的に、その中から「能力を発揮する人」も出てくるわけです。

これまた、当然の成り行きですよね。


そうなれば、もう「努力がホメられる世の中」に「社会的な意義」を感じずにはいられません。


そんな感じで、私は「努力がホメられる世の中」に成ればいいなと思うわけです。

そして、このようなことから、『これまでの人生の中で、いま一番努力しているんじゃないか?』と思うほど、努力しているんですが、それが、イマイチ人に伝わらないようで、なんとなく「ラク」してるように見られがちです。


まぁ、それでもいいと思ってやっているので、『わかってくれ』とは言わないが
(こんな歌あったよね?)

努力してるのと、まったく逆のように思われてしまうのはけっこう悲しいかなと。


そんな風に思っていたりします。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR