FC2ブログ

「人間」は「人間未満」



「人間」と、簡単に言ってしまっていますけれど、実は「人間」っていうのは、完全に「人間」に成れていないように思うわけなのです。

言葉の上で「人間」と言う場合と、「実際の人間』には、かなりの落差があるような気がするわけです。
つまり、「実際の人間」は、「人間未満」なんじゃないのかなと思ってしまうわけですね。

例えば、イジメや犯罪について『そんなことは人間のすることじゃない!』なんて言ったり、常識や道徳を守ることについて「人間として当然のこと」と言ったりするわけですけれども、これ「実際の人間」に当てはまってると言い切れるんでしょうか?

「人間として」なんて、当たり前のように言ってますけど、そういうときの「人間」っていうのは、かなり「理想化された人間」だったりするわけなのです。

「人間として当然のこと」が「当然できる」という人が、そう沢山は居ないわけですね。
「人間のすることじゃない」はずなのに、それを結構みんなやっちゃうわけですよね。

まぁ、理論上は居るハズなんですけどね、そういう人も。
「当然のことが当然できる人」や「やってはいけないことは絶対やらない人」ですね。

でも、思っているよりは、ずっと不可能に近くて、普通の人は、ちょっとしたプレッシャーが掛かったりするだけで、すぐやってしまうわけですねぇ。

「人間じゃないこと」を。

でも、これは仕方ないことだと思うのです。
要するに、『「人間」が、そこまで来ていないんだ』ということなんじゃないでしょうか?

だから、『まずは「人間未満」であることを認めましょう!』と思うのです。
自分も他人も敵も味方も、皆「人間未満」なわけです。


これからは、「いい人:悪い人」・「できる人:できない人」・「偉い人:ダメな人」・「頭がいい人:アホな人」なんかじゃなくて「人間に成ろうとする人:既に人間だと思い込んでいる人」なのではないのかなと。


今ある状態から、「自然に与えられたものとは言えないような意志」を使って、「何かになろうとする」ということこそが「人間」を「人間」と呼べるところなのかもしれないなと。

そんな風に思うわけなのです。


※2019年5月に追記

この記事を書いた当初は、『人間は、まだ、人間未満なんじゃないか?』と言っていました。
つまり、近い将来『人間が人間に成れるだろう』と言う前提で記事を書いていたと思います。
でも、今は、「人間」にとって「人間に成ること」は、それ以上に難しいことのような気がしています。

まぁ、「完全に人間であること」は、ほぼ不可能に近いことだと思うように成ったわけですね。
それぐらい「人間」と言う概念は理想化されてしまっているところがあると思います。

それで、「理想化された人間」と「現実の人間」の間に「ダブル・スタンダード」が形成されてしまいますから、多くの人が、「理想化された人間」のフリをするようになるわけです。
つまり、体裁を作ろうとするわけですね。
その過程で、「現実の人間である自分」は認めずに見ないようになってしまうと、その「自己正当化」と言う行為が習慣化して、結果的には、「現実の人間」よりもさらに酷いこと、つまり「本当に人間じゃないこと」をするように成ってしまうわけです。

現在は、無理して「理想化された人間」を目指すことよりも、「現実の人間であること」を認めることの方が、「人間」にとって、よほど意味のあることに成ってきているんだと思うわけです。

だから、もう「立派な人間」を目指すことには意味がなくて、むしろ「ダメな人間」であることを認められることの方に意味が出てきているんだと思うわけですね。
言葉にしてしまうと、非常に情けない感じになってしまうんですが、『実は、これがナカナカできない!』と思いますね。






関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR