FC2ブログ

「異・リアリズム」と「シュルレアリスム」



私は「抽象表現」の中に「モノを描くこと」を取り入れたいと思っていて、それを「異・リアリズム」と呼んでいるんですが、その「異・リアリズム」の内容を言葉で表すと「シュルレアリスム」に近い感じに成る場合があるわけです。


確かに、「シュルレアリスム」も、やや現実離れした「モノ」を描くという性質があるという点では同じところがありますし、「シュルレアリスム」から、その後「抽象表現」に移行した作家もいたみたいですから、「抽象」と「具象」の中間的な位置にあるという意味では近い所もあるのかも知れません。
(実際の「絵」としては、だいぶ違うと思いますけど)


そこで、自分の考えている「異・リアリズム」と「シュルレアリスム」のチガイを考えてみたいと思います。

ここでは、主に「シュルレアリスム」とのチガイについて考えますが、「他のスタイル」との違いについても、今後考えていきたいと思います。

 ※私の場合「芸術の20世紀」を喪失するという考え方をしていますので、なるべく、
  このブログの中では、「20世紀の芸術」について書かないようにしてきたわけです
  が、『喪失しました』と言っても、実際に消去できるものでもないので、まぁ、少しくら
  いならいいかなと思うように成って来たので、この記事を書こうと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず初めに、「絵」の中で実際に使われる「表現形態」についてです。


いちばん大きなチガイは、「異・リアリズム」(私が考えている表現)においては、「現実的なモノ」を描きません。
少なくとも、極力描かないようにしています。

どうしても、現実から逃れられない部分は出てきますけどね。


その点で、「現実と非現実の対比」という手法が使われることが多い「シュルレアリスム」とはかなりのチガイが出てきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ※こういうのを「画像」なしで書くのって、不親切かなとも思うんですけど、
   こういうことを「画像付き」で書いてしまうと、それを見た人がなんらかの
   影響を受けると思うんですよね。
   例えば、『マネしちゃう』とかですね。逆に『マネしないようにしちゃう』と
   いう場合もあるでしょうね。
   いずれにしても、ここに書いてあることに縛られることに成ってしまうん
   ですね。でも、「画像」が無ければ「マネ」できないですよね。
   というか、文章だけを読んで参考にしても「マネ」にはならないでしょ?
   「マネ」って、実は「された人」じゃなくて「しちゃった人」にとっての「悲しい
   こと」だと思うんですよね。
   「画像付き」だと、もし、読んだ人が『これ面白いんじゃない?』って思った
   としても、そこから先は「マネするかマネしないか」しかなくなってしまうん
   ですね。「マネしない場合」は読んでも「意味」が無いし、「マネした場合」
   「悲しいこと」ですよね。
   まぁ、私の絵なんて、誰も「マネ」なんかしないでしょうから、心配しなくても
   大丈夫なんでしょうが、やっぱりせっかく記事を書くんですから読んだ人が
   『いいんじゃない?これ』と、万が一にも思ってくれたときに、少しでも参考
   にしてくれたら『嬉しいな』と思うわけですね。
   それで、「画像なし」にもかかわらずこ、こういう記事を書いたりするわけな
   のです。

   と言っても、実を言えば「デジカメ」持ってないという、単なる貧乏人なので、
   エラソウなことを言うつもりはありませんけど。

   追記:その後、「プロフィール欄」の「イメージ画像」と「サムネイル画像」を追
       加しました。上に書いてあることとはやや矛盾するんですが、この記事
       は一か月ほど前に書いたもので、その後、オークションで激安だったの
       でデジカメを購入し、それらの画像を投稿しました。
       (と言っても、デジカメの性能について知識が無いので本当に安いのか
       どうかもよくわからないんですけどね)

       そちらの画像は私の絵ですが、全体像ではなく一部分を拡大して切り
       取ったものです。

  再追記:さらに、その後「一枚だけの展示室」というカテゴリに、自分の作品を、
       一枚だけ展示するようになりました。
       上記のこととは、矛盾すると思いますが、ここでの話とそちらの作品との
       対応関係が、はっきりしているわけでもありませんのでご容赦ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
どうでもいい説明(イイワケ)が長くなってしまいましたが、続けます。


「シュルレアリスム」の場合、イメージ的には「非現実的」ですが、「現実を使わない」という方向性は弱いと思います。
むしろ、積極的に「現実」を描いていることが多いです。

実際、「シュルレアリスム」の絵では「現実」と「非現実」の対比によって、不思議な世界感を生み出していることが多くて、「現実的なモノ」と「非現実的なモノ」を直接対比させていたり、「現実的な背景」に「非現実的なモノ」を描いたり、「現実的なモノ」を「非現実的な状況(状態)」の中に描いたり、と言った「現実」と「非現実」の「対比」に特徴があると言ってもいいと思うわけです。


それに対して「異・リアリズム」においては、出来るだけナニもない状態から始めて、『そこに、ナニカを創り出す』ということを目標にしています。

つまり、「形」も「色」も「空間も」世界」もない状態ですね。
そういう状態から、そこに「異現実」の「空間」や「世界」を展開できたらイイなと思っているわけです。

そして、「その世界」、「その空間」の中に、『今まで、どこにもなかった「モノ」を創り出して、描けたら嬉しいだろうな』と思っているわけです。

ですから、当然、「現実」は出てこないわけです。

ただし、これはあくまで「理想」ですから、そうウマクはいきません。
やっぱり「現実」に引きずられてしまいますし、一旦、「現実」にとらわれてしまうと、そこから逃れられなくなるということはあります。

でも、少なくとも、積極的に「現実」を使って表現するということはありませんし、むしろ、出来る限り「現実」から切り離して絵を描くようにしています。

この「現実の有無」ということが、見た目としては一番大きなチガイだと思いますね。


次に、「思考的な方向性」のチガイです。


「シュルレアリスム」では「人間の潜在意識」を重視していて、「潜在意識」が人間の「真実」や「本質」に近いという考え方だと思います。


ところが、私の場合は「世界全体の本質」について考えてしまったわけですね。

それで、「世界というモノ」を現したいと思ってしまったわけです。
まぁ、当然無理です。

大き過ぎますからね。

でも、現したいわけです。

自分より大きいモノなんて見ることすらできませんから、現わせるわけがありません。

でも、やっぱり現したいわけです。


それで、仕方なく、「現そうとすること」で我慢することにしたわけですね。
つまり、そういうのが私のやっている「異・リアリズム」です。


チョット長くなってしまったので、次に続けます。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR