FC2ブログ

「最強の色」:「色の強さ」について



「いい色」とか「好きな色」というのとは別に、『この色、強いなぁ』と感じる色があります。

まぁ、自分だけなのかも知れませんけど、そういう色に惹きつけられて、その色ばかり使ったりすることが時々あります。


私の場合、なぜかはわかりませんけど、そういうのは「赤」が多くて、「ライト・レッド」とか「バーミリオン」なんかが、自分の中の「最強の色」ということに成っています。
(別に赤が特に好きっていうことでも無いんですけどね)


まぁ、「バーミリオン」はわかります。

でも、「ライト・レッド」ですね。

『なんで、この色がこんなに強いんだろうか?』と思ったりもします。


どっちかっていうと「地味な色」のような気もするんですが、とにかく、チョット混ぜても他の色を喰ってしまうし、濁るし、下地に塗ると影響力が強い色なんで、「使いにくい色」と言う気もするんですが、ときどき、意味もなく多用したくなるという、自分にとっては「厄介な色」でもあります。

 ※たとえば、『この辺にちょっと赤味が欲しい』ぐらいの時に、この色を使うと
  けっこう痛い目に合う確率が高いですね。


そこで、この「色の強さ」って、いったい何なんだろう?と思うわけです。

おそらく、「隠ぺい力」が強くて、「強い発色」をする色だと思うんですけど、それにしても、なんで「赤」なんだろうか?と思うわけです。


なにかで、自然界の中にある色素の中で、一番安定しているのが「赤」だというのを聞いた記憶があるんですが、そういうことと、なにか関係しているんでしょうか?

 ※不確かな記憶ですが、野菜などでも「青物類」は茹でたりすると、すぐに色が変
  わってしまいますが、「トマト」や「赤ピーマン」みたいな「赤い野菜」は加熱した後
  も変色しにくいというような話だったかと思います。
  この話が絵具や顔料に当てはまるのかどうかはわかりません。

それはさておき、そういう「強い色」を使ったからと言って「強い絵」に成るとは限らないというのが、とっても残念な所なんですが、まぁ、要するに「色」は、「単色」による効果よりも「対比」だと言うことなんでしょうね。


それでも、「弱い色」ばかり使っているよりはチョットはマシなんじゃないか?
ということで、『こういう絵はシツコイんだよ!』って言われても、やっぱり、「強い色」を使ってしまうわけなのです。


そんなわけで、『この絵の中の、この場所における「最強の色」は、どの色なんだろう?』といつも考えてしまうわけですが、そういうことで、チョットだけ「絵」が力強く成っているような気もします。

『いや、気のせいか?』

そんな風にも思います。


関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR