FC2ブログ

「芸術の神話」と「芸術の人間性」



現在考えられているところの「芸術」という概念には、一種の「神話」としての性質があると思っているわけです。

 ※実際は「神話」というよりも「一種の宗教」と言った方がいいのかもしれません。
  「神話」における「神」はけっこう人間的ですが、「宗教」における「神」は絶対的で
  す。
  ここで言っているのは、現在の「芸術」には、そういう絶対性があるという話です。


つまり、「芸術」に「人間業(わざ)を超えたモノ」という性質があてがわれてしまっているわけですね。

『これ、違うんじゃないか?』と私は思っているわけです。


「芸術」が「神話」であるからこそ「天才」は「神」のように扱われますし、その「神」の作品には、天井知らずの値段が付けられても、それが当然のことのように成ってしまうわけです。


もしも、「芸術」が「神話」ではなく「人間業の範囲」に収まっていれば、これほどまでの「芸術バブル現象」というのはあり得ないでしょうし、客観的に見た人が『それはどう考えてもオカシイヨ!』と思うハズです。
(思っていても言わないという空気がある)


今では、もう「芸術作品の値段」について「〇〇億円」と言われても、ほとんど驚くことすらなくなってしまいましたし、そういう「神様扱い」の中で制作している「芸術家」が存在することにも、何の抵抗もなくなってしまいましたが、「芸術」が「神話」=「神の世界のお話」でないのならば、これには、本来違和感があってしかるべきなんだと思うわけです。


さて、そこで「芸術」とは、本当に「神話のようなモノ」なんでしょうか?
はたまた、「天才」とは、正しく「神のような存在」なんでしょうか?


私は[現在の芸術」こそ、最も「人間的なモノ」であって、最も「不完全なモノ」であると思うわけです。
つまり、「神の世界」とは正反対だということですね。
だからこそ『天才の時代は、もう百年も前に終わっている』と思っているわけです。


そして、だからこそ『現在の芸術に求められるのは「人間性」である』と思っているわけです。

さらに言えば、『その「人間性」には「完全性」は無用であり、むしろ必要なのは「不完全性」である』とも思います。


つまり、「人間」が「人間であること」や、その「人間」の中の「不完全性」を恥じることなく自己表現できるように成ることこそが、現在の「芸術の目的」であると思うわけですね。


それなのに、「芸術」を「神話」に仕立てて「天才」を「神」に祭り上げてしまっている現状と言うのは、正反対と言ってもいいほど、見当違いなんじゃないかと思うわけですねぇ。

だから、もう「芸術」の「神話」は捨てて、「芸術」の「人間性」で行こうかなと。


そんな風に思うわけなのです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR